トップ/けいじばん/携帯電話向け/RSS/ツッコミフォーム

Link 予定 TODO

      先月 2020年11月 来月
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30
      Namazu for hns による簡易全文検索
      詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
      検索式:



      2010年06月23日(水) [n年日記]

      今日は

       梅雨入りした割に天気予報が覆されて、曇り続きだったところに久々の雨。でも今日も昼には雨が上がって帰りは傘なしで大丈夫だったのでした。雨が降るといろいろ面倒ですけど、こう少ないとそれはそれで農作物への影響などが心配になってしまいますね。

       仕事の方はだーいぶ前から困っていた、Xenserver上で動いてるcentosの時刻同期の件が解決できました。どうもコントロールドメインに同期してるというのは体感していて、一度外部ネットにつないでいないコントロールドメインの時刻合わせをするためだけにデータセンターに赴いたことがあったのです。で、今日新しくやるべき事の為により正確に時間を合わせておく必要があると思って、改めて調査。ctrixの英語フォーラムにntpに関する記述があって、それに対するctrixからの返答を大まか読んで、やっぱり「デフォルトではコントロールドメインに同期する」という事を確認。その記述の中の適当なキーワードでググって……やっと日本語で書かれた対策を見つけることができたのでした。これがどうにかならなかったら毎月のようにデータセンターに時刻合わせのために出かけないといけないかと思ってましたよ。

       自宅に戻ってくるとamazon荷物が二つ。3つの発送メールが来ていたので、2個は一つの荷物にまとめてくれたみたいです。ちょっと助かった。……と、思いきや。開けて見るとWORKING!!DVD3巻と一緒に入っていた、 ひだまりらじお×☆☆☆特別編〜いぇすっ!あすみっつ!〜のケースにひび割れ が。以前にもありましたが、今回も梱包は厳重で箱が破損していたわけでもないので、おそらく梱包前の段階ですでに破損していたのではないかと思います。私は中身が無事ならそれほどこだわりませんが、こんな事が続いても困るのでまた梱包に対する意見を画像付きでamazonに投げておいたのでした。それはともかく、一緒に届いた逆様ブリッジもWORKING!!DVDの付録CDもEACが参照するfreeDBにまだタグが登録されていなくて困ってます。普段なら自分で入れるんですが、なんちゅーか、こういろいろ好きなものがどんどこ届くとそちらの消化に傾倒してしまいますよね。昨日届いていたひだまりスケッチ×☆☆☆・4巻の付録CDも同じ理由でリッピングしていなかったり。

       「 ウェンディーズ、日本再参入へ 」という記事。手のひら返しが早すぎる。でももうウェンディーズの跡地は他の店舗に入れ替わってるでしょうから、果たして今から提携して店を出せるような体力のあるところがあるんでしょうかね。虫が良すぎるんじゃないかなあ。


      2009年06月23日(火) [n年日記]

      今日は

       先日自宅のマウスをVX nanoに変更したので、余ったMX1000を仕事場に持ち込みました。レシーバの位置とマウスの位置がごく近い状態なので、なんの問題もなく使えます。やっぱり自宅での環境が過酷だったんですねえ。

       自宅のVX nanoの方はやっぱりホイールのスクロール量が多すぎるのが困りものです……ふと思い立って調べてみたらこれ、Firefox上だけの問題ですね。Google ChromeもIE6でも依然と大差ないスクロール量になってます。なのになぜかFirefoxでだけ、ホイール1目盛り分の操作が半ページ送りになってるんですね。ググったら古いFirefox(と古いsetpoint)で昔にそういった挙動があったみたいです。しかし、Firefox1.5時代の内容なので参考になりません。うーん、どうにかならないかなあ。……あ、setpointじゃなくて、標準のマウスプロパティの方のホイール1目盛りのスクロール幅を「1画面」に変更したら、その後1目盛りで1行スクロールになりました。その後そこの設定をどう変えても1目盛り1行のままだし、他のアプリでは以前通りの動作をしていますね。これはやっぱりsetpointとFirefoxの相性が悪いってことなんでしょうか。仕事場のPCも今日の時点で最新のsetpointを入れて、ブラウザはFirefoxで、特に不満なく使ってるんですけどねえ。

      実物大ガンダムビューの宿泊プラン、日本旅行が発売

       確かに私も付近の高層ビルからどんな眺めになるのか、というのは気になりました。それを実現させてくれる宿泊プランです。ツイン2名からのプランというのがアレですが、一人単価はおまけまで考えるとそれほど割高ではないかも。もちろん、質を考えず安いだけの宿を探せば半分以下の価格の所を見つけることも可能でしょうけど、私が最近出張で使った所と比較すると充分ありかもしれません。まあ、さすがに遠征するとなると他のついでもないと厳しいとは思いますけども。


      2008年06月23日(月) [n年日記]

      今日は

       久々に涼しくて過ごしやすい一日でしたね。今の天気予報を見ると日中の最高気温が22℃くらいだったのですかね。とにかく、外を歩いていても汗ばむこともなく、かといって寒いわけでもなく、雨が降りそうでしたが雨も降らずと、文句なしでした。そういう気候だった為か、朝もものすごくすっきり目覚めました。身体はめちゃ快適。でも頭は重かったんですが。頭と身体の調子のバランスが悪くてちょっと戸惑いました。

        DECOチョコ 。今日知ったのですが、半年ほど前から始まってるサービスですね。どんなのかというと、チロルチョコの包装を自分でデザインして、それで包まれたチロルチョコを買えるというもの。チロルチョコ1個の値段から逆算するとかなり手間賃がかかってる感がありますが、単純にお値段だけ見るとリーズナブルですね。同人サークルとかやってる人なら、1箱くらい作って、先着サービスのおまけなんかにすると、結構面白いかもしれません。というか、うちの会社でも使えるかも。ちょっと提案してみようかな。うちだとユーザプレゼントに使うなどの用途になると思うんですが……いつの間にか数が半減しているなんて事にもなりそうです。

        ドルアーガの塔がラジオになって登場! 。アニメに2期があると言うことで、それまでのつなぎ番組ですかね。それはともかく、「天然系かわいい娘 カーヤ17歳があなたのラブリーポエムを読みます。」というのは1期最終回を見てからだとちょっと無理のあるコーナーなのでは。

       で、滅多に見ない音泉のトピックスを見て <J−1グランプリ>DVDが5月28日に発売!! という記事にもちょっと受けました。もう発売してるんですが、要するに咲ラジで植田佳奈と小清水亜美が頑張っていた麻雀ネタの延長なんですね。でも、メンツにさりげなくプロが混ざってるのが面白いです。これ、もう発売してる訳なんですが、誰が勝ったのかなあ。時の運もあるでしょうけど、プロのプライドというのもあるでしょうから、神崎ちろさんが活躍してる事を祈ります。今更ですが。ちろさん、 それなりに頑張ってたみたい ですね。運に負かされたみたいですが。


      2007年06月23日() [n年日記]

      今日は

       耳鼻科に通院すべく、9時起き。なんですが、昨晩は昨日書いたとおり会社の食事会で、自宅に戻ったのが0時前。そこから翌日の予定を把握しているにもかかわらず、グリンスヴァールの森の中の最後のエンディングを目指してプレイを開始してしまって……結局寝たのは3時前だったのでした。睡眠時間としては、6時間と平日同様なのですが。目覚ましで目が覚めてからもなかなか動き出せず、支度して家を出たのは結局10時前だったのでした。

       耳鼻科の診察が終わってから駅前まで出て、いつものように100円セールをやっているミスドでドーナツを買いました。そのときの事です。ショウウィンドウを見ながら注文してたんですが……2レーンあるレジとショウウィンドウで、片方は先に別のお客さんが立っていたんですね。両方のウィンドウにあらかた同じモノをおいてあるのはわかっているのですが、よく見えないので念のために「プレーンマフィンないですか?」と聞いたら店員さん。「うちは今メイプルマフィンとチーズマフィンしかおいてませんが?」とかきっぱり。その客商売らしからぬ当りの強い言葉に、さすがに私も「なんでそんなに上からやねん」とかつぶやいてしまいました。私の注文を受けていた人はおばちゃんだったので、店長とかのえらい人だったのかもしれませんが……もうちょっと言い方あるやろ、と。むかついたので、その場で注文をキャンセルして帰ってやろうかと思ったのですが、とりあえず注文している分だけ買って帰ったのでした。いつもなら10個買う所が8個になっただけですが。そんなこんなで些細なことではありますが、とにかく気に障ったので、しばらくミスドには行かないことにします。

       帰ってきてからは、広告更新&ウェブラジオ視聴。

       ウェブラジオの方は……引っ越しした「喫茶 黒うさぎ〜秘密の小部屋〜」。ごにょごにょ出来ないものの一応毎回聞いているのですが、ごにょごにょ出来ない上に、何かトラブルがあって切断されると途中から再生が出来ない風味なので、ものすごーく面倒くさい。そもそも該当箇所をリンクして紹介出来ない構造になっているのも面倒くさい。この構造、確かにごにょごにょ出来ない分著作権保護には良いんでしょうけど、ユーザの利便性というのは思い切り犠牲になってますよね。あと、面識のある(&暴走実績のある(笑))コンビの割に番組的にまだエンジンがかかっていない(仕込みじゃないメールが届いていない?) モーソーワーク 。それでもエロい方面に話がどんどん転がっていくのがナイスなのですが。

       広告は、Wiiなら遊びのバリエーションが増えて楽しめそうな マリオパーティ8 、なかなか出来の良さそうな ローゼンメイデン トロイメント 翠星石 (ノンスケールPVC塗装済み完成品) 、限定版はマウスパッド付きの ARIA(11) 初回限定版/天野こずえ 、こちらはまた小冊子がつくんでしょうか ぱにぽに 10 初回限定特装版/氷川へきる 、ぱにぽにからスピンアウトしたベホイミのコミック 新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん 1 初回限定特装版/氷川へきる 、いろいろな芸風で楽しませてくれていた saxyun 氏の初単行本 ゆるめいつ(1)/saxyun 、続刊が出て良かった電撃PS付録小冊子電撃4コマの看板?作品 家族ゲーム2/鈴城 芹 、先日ドラマCD化などもされていた こはるびより 3/みづきたけひと 、アニメがアレな感じですが、コミックはどんな風にまとまっているのかちょっと興味のある この青空に約束を-melody of the sun and/シロガネヒナ 、DSの機能でどんな風に新しくなるんでしょうか サモンナイト ツインエイジ 、確かにタッチスクリーンでゲームをしていると叩いている感じになるので、結構合うかもしれない 太鼓の達人DS タッチでドコドン!(太鼓の達人専用タッチペン「バチペン」同梱) 、コレの為だけにちょっとPSPが欲しいかもの フェイト/タイガーころしあむ(限定版) 、こんな所でしょうか。最新追加分は こちら にまとまっていますので、お暇なときにでもご覧ください。

      [アニメ] 今週の地上波モノ

      瀬戸の花嫁:

       ルナの告白の巻。凄い勢いで切り替わるルナの二面性が楽しいですね。それを見せるのは親しい?間柄の人だけで、それ以外の人には内心だけで裏表……いや、内心は裏ばっかりか。そんなルナの電気あんま(笑)がひたすら描かれた今回。なのに、終わりはルナが永澄を「好きだ」と言って、ルナパパに婿として永澄が拉致されるという、次回に引っ張る気になる展開。ここに来てやっとルナの可愛い点が見られました。それにしてもルナのに人魚脚が人間脚に戻った瞬間の永澄の手とタオルの位置は……拭いている場所に寄っては エロ えらいことになりそうな(笑)。しかし、金持ち坊ちゃんとサルは本格的に仲良しですなあ。金持ち坊ちゃんは男には冷たいキャラだと想像していたのですが、心許せる友がいなかっただけなのか。でもって、次回は1週休んで7月6日の放送になるんだとか。なんでこう、前後編的になったときに限ってこうなるんだ。

      ケロロ軍曹:

       ウェットルキング再びの巻。今回のメカウェットルキングの操縦その他のネタって、 ジャンボーグA、ジャンボーグ9 ですよね。でもって、ケロロがシミュレーションで倒していた夏美ロボは、胸に数字の意匠があるあたり 大鉄人17 なんでしょうか。ネタがマイナーすぎる……それはともかく、今回も 昨年のウェットルキング話 同様、おびえる夏美が可愛くて、モアちゃんの司会が楽しかったです。


      2006年06月23日(金) [n年日記]

      今日は

       友人ズに見せびらかそうと思ってCF-R5を鞄に入れて出かけました。大きさ的には全く問題なく、且つ重さも友人から借りる/返すビデオテープが満載された時と大差ない感じです。でも、その重さって、自分的にはもうぎりぎりなんですよね。正直それすらも勘弁して欲しいという(苦笑)。ああ、弱いなあ。で、その後。友人ズの都合が悪くなり、結局披露できず。仕事場で昼休みに広げて細かい設定とかをやっていて、そこでちょっとヒットしたくらいですね。

       そんな感じでカレーはなしで直帰。駅改札の横に出来た新しい店でご飯を食べようかと思っていたのですが……うどん屋だと思っていたのですが、飲み屋?みたいなメニューだったので、やめ。またモスバーガーでハンバーガーを買って自宅に戻ったのでした。

      [PC] Let's NOTE LIGHT CF-R5・3D性能とか

       3D Mark2001SEを計測してみました。導入当初にFFXIベンチ3をやってみたのですが、それはかなりがったがたで、やっぱり最新の3D性能を求めるのは無茶だと思ったので、ある程度動きそうな奴を選択してます(笑)。

       結果は、 こんな感じ 。参考結果の 今のデスクトップPC(Pentium4 3.2GHz/1G memory/RADEON X600) 、前のデスクトップPC(PentiumIII 1Ghz/256M memory) RADEON9000RADEON7200 。これを見るとRADEON7200よりマシだけど、RADEON9000よりは下って感じですね。その割に ゲームでの体感速度 は明らかにCF-R5が勝ってるんですよね。これはメモリ性能/容量の差が大きいのかなあ。

      [ゲーム] 任天堂とOpera Software、DS用WEBブラウザ 「ニンテンドーDSブラウザー」を7月24日に発売

       発表時点からちょっと気になっていた、ニンテンドーDSのウェブブラウザの発売日が発表されました。PSPで同じような事をやっていて、便利そうだなあと思ってたんですよね。まあ、あちらとは画面の大きさが違うので、ちょっと使い勝手も違うと思いますが。でも、こちらはこちらでタッチペンによる直感的な操作があるでしょうから、これはこれで結構いけるかも。文字入力まで視野に入れて、ATOKも搭載していますし。どのくらいの容量かわかりませんが、GBAカートリッジ側に拡張メモリをセットさせるというフォローもありますし。ただ、残念なのはFlashに非対応という事ですね。今時、企業の公式ページなどでは当たり前に使われている技術なので、コレが使えないとかなり見られるページが減るような気がします。そもそも任天堂のゲーム紹介ページとかでも結構使ってるんですしねえ。なんで対応させなかったんだろう。


      2005年06月23日(木) [n年日記]

      今日は

       今日も、自分のメインの仕事ではない、間に挟まってる仕事で上に謝りまくり。もうここ数週間で1年分以上謝ったような気がします。「謝る」という事に対するボキャブラリーの少なさに辟易します。「謝る」辞典とか欲しいかも。……ええ、精神的にだいぶ疲れてます……

      [アニメ] 今週の地上波モノ

      魔法先生ネギま!:

       「なかったことにする」の巻。委員長指揮の下、文化祭の準備を進める2-A。だが、演劇の主役であるネギは未だショックから抜けておらず、世界樹の前にうなだれる。気持ちを暴露したことで、自分が支えなければとネギを励まそうとする夕映。だが彼女の言葉はネギに届かず、そればかりかネギは夕映の言葉の断片から悪魔との契約を思いつく。その行動をタカミチに止められ、失意のまま街を放浪するネギ。その前に現れたのは超とハカセだった。彼女たちは明日菜を助ける方法をネギに提示する。それはタイムマシンで時間をさかのぼり、明日菜が死ぬ原因を取り除くという大胆な方法だった。また、生徒達はいなくなったネギを探して歩く。超とハカセの所にネギがいると知った皆はそこに向かうが、そのときネギがタイムマシンを使って発動した時間転移の魔法が暴走。2-A全員が「9年前のドイツ」に飛ぶのだった。

       カシオペアキター!とか、ナギキター!とか、ちび明日菜キター!とか楽しみつつ、一応それなりに話がつながっていて、それはそれで悪くないのですが……この路線に行く為に、必ずしも明日菜は死なないといけなかったのでしょうか。火葬されないといけなかったのでしょうか。今にも死にそうなくらい弱っているが、それを助ける為に、という展開で良かったのではないでしょうか。なんかそれだけが気になって。あ、あとサウザンドマスター弱すぎ。明日菜があの距離にいるだけで魔法が消されるというのなら、彼女を逃がす為に保護した人は確実に魔法が使えなくなるわけで、そうすると多人数で各個撃破とかやられるとどうにもならんわけで。今までなんで無事に旅を続けられたのか不思議で仕方ないです。まあ、明日菜の魔法防御が広範囲に渡るというのは、アニメでは白髪の少年の広域石化を周りの人ごと救った描写もあって納得なのですが。もう一つ、時間転移魔法の対象がご都合過ぎ。彼女たちが持ってた傘は綺麗に残されているのに、茶々丸(ロボ)、さよ(幽霊)という他の生徒達と同じくくりにできない二人が含まれてるのがもうわけわからん。

       しかし次回で最終回。どうやってまとめるんだか。あと次回予告で四葉とザジが「台詞はあるのだろうか」と言ってましたが、とりあえず四葉は今回ちょっとだけしゃべっていたので、問題はザジですね。

      極上生徒会:

       「親友」の巻。奈々穂と奏会長の関係と、絆。そして奏会長の家、「神宮司家」の力を説明した話。趣味であしながお姉さんしてるのかと思っていた奏会長ですが、こんな過去があって、自分と同じような娘さんを助けていってるんですねえ。なるほど。ギブアンドテイクだから、思い入れはないと言っていた奈々穂の兄も実は長年付き添った相手との別れを悲しんでいるというところでいい感じに落ちた……と思いきや、二人が寮に戻ると極上寮がデストロイ。その原因は「敵か味方かみなもちゃん」……って、オフィシャルサイトの キャラ紹介 には 聖奈の妹 って書かれててモロバレしてますが。


      2004年06月23日(水) [n年日記]

      今日は

       そういえば今朝気付いたのですが、先日飲んだペプシブルー。すげー色を楽しむ為に透明なグラスに注いで飲んでいたのですが、朝、そのグラスを見てみると淡い水色に染まってます。原材料の所に着色料が記載されていたのは見ていたのですが……ここまで強力に色が付くとは。

      [PC][音楽] iPodアーマー

       iPodは前面のプラスティック部分も、背面の金属部分も傷つきやすいですから、こういう発想はわからないでもないです。ですが、「iPodアーマーを開ければ通常操作も可能」って。そりゃあそうだけど、そこまで利便性を損ねて、外に持ち歩くというのはなんかわかりません。もうiPodを持ち歩き初めて結構経ちましたが、やっぱり思いついた時に思いついた曲を探して聴ける、というメリットこそがHDDプレイヤーの醍醐味だと思うのですよ。まあ、とにかくため込んだ曲を垂れ流すというのもあるんですが、そのどちらもを同時に満たせるからいいんですよね。そりゃあ、これもアーマーを開ければ大丈夫なんですけど、開けて操作してる時に落としたりしそうな気がします。

      [アニメ] ニニンがシノブ伝・プロモーション映像

       原作コミックがお気に入りの私としては非常に楽しみで、このプロモーション映像も見ていてわくわくさせられるのですが。 こちら のアニメ番組の枠の移行を見ていると、関東では光と水のダフネの後番組なんですよね。もし、この枠の変更が関西でも同じだとすると……光と水のダフネ、こちらではまだ半分が終わった所で、残り半分は7月から再開、という状況なので、下手するとニニンがシノブ伝は1クールお預けになるかもしれないんですよね。うう、どうなるんだろう。

       しかし、もう 秋の枠の移行ページ までできてるんですねえ。まだ始まってもいないアニメの終了日が記載されてるというのはなんちゅーか寂しいモノを感じてしまいます。最近は単純に延長じゃなくて、期を空けて再開、というパターンも多くなりましたから、必ずそこで終わる、と決まってる訳じゃないのだけが救いですか。


      2003年06月23日(月) [n年日記]

      今日は

       携帯ゲームの仕事のスパンは短くて、今日からまた新しい作品なのです。今度はホラーもの。自分でもネタを考えたりするのですが、自分で自分の考えが怖くなってしまったり。あー、私にはこういうのは向いてないんだってば。

      [アニメ] 先週の地上波モノ

       先々週は真面目にこまめに書いてたのに先週分はまるごと残ってます。ダメのダメダメです。

      D・N・ANGEL:

       帰ってきた父の巻。ショタ眼鏡側の親子と対比させる構成だったのかもしれませんが、主人公側も幼少の頃一緒に過ごさなかったのか、よそよそしい感じですね。それと母、じいさんの温度差が逆に気になったり。それでも親父は親父と言うことで、彼を守ってくれたりするわけですが。ともかく、双子の出番が少なかったのでいまいち。

      宇宙のステルヴィア:

       しーぽん株大暴落の巻。先週の予告の段階から、各所で大騒ぎですね。光太のやり方は充分あざといし、キスされてすっかりその気になってる志麻ちゃんも如何なものか。それより余裕のない先輩とやよいちゃんのその後が気になりますが(マテ)。しかし、余裕のない先輩、再犯だとしても退学程度で済んじゃうんですねえ。やっぱりステルヴィアの法規って理解できません。宇宙空間なんだから事故=死という可能性も否定できないわけで、要するにアレは殺人未遂だと思うんですが。

      成恵の世界:

       最終回。第1話に登場したアバロン星人が仲間とつれだって成恵ちゃんとカズちゃんを襲う話。観察庁所属の機族の皆さんも登場してオールキャストっぽい最終回。でも、最終回ぽくないです。シリーズとしての締めとかオチとかはナシ。まあ、原作は継続してるし、12話で変に劇的な流れを持ってこようとしても破綻するのが関の山ですし。しかし、原作とは異なる展開になるのかもしれませんが、最終話くらいカズちゃんが成恵の為に身体を張って活躍してくれても良かったんじゃないかなあ。その為のアイテムも持ってたんだし。それだけが不満でした。

      カレイドスター:

       凄くないお父さんの話。家族を捨てて名声の為に出発してだまされて底辺を彷徨ったお父さん。あまりの豹変ぶりにショックを受けるアンナさん。最終的に、お父さんも昔を思い出して頑張るという方向に進むのでした。まあ、普通にいい話でした。今回は当事者じゃないから、空の空回りがちょっと痛々しかったですが。身の上話で泣くシーンは良かったですけどね。

      魔探偵ロキRAGNAROK:

        ドラキュラハンター の巻。金持ち君、コーヒーショップの回で、視察してるというような事を言ってましたが、この手のお話にありがちな総合企業の御曹司なのですねえ。最近妙に登場しますが、繭良に気があるんでしょうか。ともあれ、今回は彼のところが開発したゲームに邪気が入り込んで、そのゲームをプレイした人間を餌食にする、そしてそれに繭良が捕らわれて、という話。ゲームの中ではプレイヤーの知り合いが襲いかかってくるのです。ヘイムダルがおかしかったり、闇野さんが百裂拳だったり、フレイが宇宙ステージだったり。面白かったんですが、やっぱりポイントは玲也ちゃんの長刀アタックでしょうか。一生懸命振り回し、追いかけ回したあげく自爆。可愛かったです。そして花嫁姿で血を吸われそうになる繭良。催眠状態で死んだ目をしてたんですが、それがさらに怪しさを醸し出してて色っぽかったです(笑)。

      デ・ジ・キャラットにょ:

       前半、レポーターの巻。うさだ宅に閉じこめられる所は楽しかったです。うさだ分10%程度。後半、ぷちこランキングの巻。うざいおっさんが出張ってきてむかつく。うさだ分5%程度。


      2002年06月23日() [n年日記]

      [買い物] 衝動買い週報

       今週は、PC/とらいあんぐるハート123 DVD EDITION、DVD/ココロ図書館・6巻、コミック/スクライド・5巻/戸田泰成、コミック/フルーツバスケット・9巻/高屋奈月、コミック/ぐるり・2巻/喜多尚江、本/秋桜の空に〜奈々坂の門〜/竹井10日、以上です。

      [ゲーム] PC/とらいあんぐるハート123 DVD EDITION

       やっとおまけシナリオをインストールしました。現在進行中のuniv〜愛・おまたせっ〜も、しすたぁエンジェルもちょうど区切りが良いので、明日からはこちらを進めてみようと思います。

      [アニメ] DVD/ココロ図書館・6巻

       お話の感想自体は、放映時の 8〜10話の感想11〜12話の感想 を参照してください。あ、後者の方はまだDVDで発売されてない12話の内容も含んでるので注意してください。ファンブックに進藤ココロさんは、顔がこころで声がいいな、性格があるとだという風に書かれてたんですが……そういう風に思いながら見ても、やっぱり違いますね。あの3人が揃ったからあるとはああいう性格に育ったんでしょう。

       巻末の金田朋子さんのインタビュー……うわー、あの声が実写から発せられてるとすげー違和感が(笑)。っていうか、この人ってナチュラルにあの声なんだ……内容自体はファンブックを読んだときにも感じましたが、そこに収録されている声優座談会の内容と重複してる感じですね。それはさておき、なんか他の人の映像と違って、この金田朋子さんのインタビューはやたらと編集されてた感じなのですが……アドリブは苦手な方なんでしょうか。

      [コミック] コミック/スクライド・5巻/戸田泰成

       最終巻。相変わらずどんどん「あほ」な方向に突っ走っていきますが、巻末の黒田洋介さんの記事によると全ては狙っての事だとか。もちろん、バランス感覚が絶妙だからエンターテインメントになってるのでしょうけど、一見すると楽しいだけの仕事に見えますねえ(笑)。「連続ラジヲ劇場プニプニポエミィ!」とか、「みずほ先生のはちみつ授業」とか、やりたい放題です(笑)。トドメの書き下ろしのエピローグの侵略戦艦の名前「天地無用」とその形状(魎皇鬼そのもの)とか。件の巻末の解説を見ると、密かに新藤ココロさん(名字の漢字が違いますが)までが登場していたこの事実。

       アニメ版は忘れ去ったかのような、めちゃくちゃな展開でしたが、強さがインフレしていく少年漫画のイメージを改めて作り直したという感じがあって、私的には楽しめました。終わりにはカズマはかなみちゃんと、劉鳳はシェリス(!)とくっついてるのも、アニメ版が格闘バカ一代みたいな感じで終わったのに比べると好感が持てるかも。どちらが、といわれると単一のモノとしてまとまってる分、アニメの方が良かったですが。

      [コミック] コミック/フルーツバスケット・9巻/高屋奈月

       新キャラをどんどん出してそちらの話を進行させる、という流れをよしとせず、レギュラーキャラもきっちり深めていってるのがうまいですよね。最初から毒電波なんて技能を持ってて、受け狙いキャラなのかと思ってたはなちゃんも相応の辛い過去を持っていたり。

      [コミック] コミック/ぐるり・2巻/喜多尚江

       まだ読んでません。

      [ゲーム] 本/秋桜の空に〜奈々坂の門〜/竹井10日

       スパロボのプレイの合間に読んでいたはずなのですが、いつの間にやら、これを読んでる合間にスパロボをプレイしていた風味です(笑)。

       他の方も仰ってますが、ゲームをプレイして気に入ったのなら是非読むべき本ですね。私も大変楽しませて頂きました。あとがきで著者が書いてますが、ゲームではなぞれない、各シナリオを適度に通ったその後となっているのですが、コンプしてる私としては特にそれに違和感も感じませんでした。はるぴーが主人公ラブになってたり、子鹿ちゃんが育ってたりと「その後」らしい所もあるんですが、非常にうまく雰囲気を再現してますね。まあ、再現というか本人が書いてるのだから同じで当たり前なんですが。

       個人的には、18禁ゲームのノベライズだからといって、無理にHシーンを入れなくても良かったんじゃないか、なんて思います。最後の方のちょっといい話になって、Hシーンがあって、終わるという流れが最近の恋愛もの18禁ゲームの文法に沿ってるのがもったいないかな、と。

       とか何とか、もっともらしい意見を書いてみましたが、非常に気に入ってます。買ったときは高いとか感じたのですが、これだけ楽しめれば十分なコストパフォーマンスだと言えるでしょう。

      [ゲーム] スーパーロボット大戦IMPACT・「錬金術師の想い」まで終了

       結局電撃PSお勧めルートで進行しました。

       「新たなる侵略の手」。先程別れたナデシコと早速合流。セダンの門の中の曲がりくねった通路を、そこそこの敵の相手をしながら進行するので少し時間がかかりました。ここではコンテナの中からコアブースターをゲットしました。この第2部ではメタスがないのでMS系のレベル上げが結構辛かったので、これで挽回できるといいなあ。ボスキャラはV-UP(U)を持ってるので、何が何でも倒す!と想ってたのですが、初期配置のエネルギータンク上から動くように仕向ければなんの苦労もせずに倒せました。

       「ジェットよ、双殺剣を破れ」。ここでは、マシンロボチームのジェット・ブルーとグローバインの一騎打ちから始まります。ここで、早めに大ダメージを与えて撤退させると熟練度上昇らしいので、ちんたら攻撃して取らないようにします(笑)。3敵ターンに増援があり、それと同時にグローバインが撤退、その後5敵ターンまで一人なんですね。いつになったら味方が出てくるんだ、とちょっと焦ってしまいました。その後は、特に苦労せずクリア。ダンガイオーのロールといわくありげな二人の敵は、片方を倒すともう片方が撤退してしまうので、アイテムの良い方を倒しました。マップ兵器で一気に倒せば両方倒せるらしいですが、落とすアイテムはそれほど魅力的ではなかったので、無視しました。

       「ディラド覚醒」。マップが狭いのであっという間に敵の所にたどり着いて、あっという間に敵を倒していけます。ディラド決戦メカはちょっと強いですが、撤退しないので適当にあしらって、後から増援でやってきたデビルサターン6を倒す為にスパロボ達を移動させておきました。

       「錬金術師の想い」。ヴァイスリッター復帰のシナリオ。今まで、バイオセンサー、オーラコンバーター、V-UP(W)を付けて戦ってたので、その調子で動くと敵の攻撃が当たりまくって困ってしまいました(苦笑)。アルフィミィはエクセレン、イズミ、ユリカで、合計5回脱力をかけたので予知能力が発動するまでもなく倒せました。といっても、武器改造が完全でないダンクーガを起点に倒そうとしたので、数回のクリティカル待ちが発生しましたが。でも、倒してからはじめて気づいたのですが、ここのアルフィミィってアイテムは落とさないのですね。いえ、レベルや資金はもらえたからそれでいいといえばいいのですが。でもこれで熟練度が上昇しますから、アイテムがないのなら無理に倒さなくても良かったかな、なんて思わなくもなかったのでした。

       その後のインターミッションでまたナデシコが抜けました。今度合流するときはレベルはどうなってるんだろう……現状、ヒカル(強運・幸運)、アキト(幸運)、イズミ(脱力)の3人だけ育てて行ってるのですが、それらがリセットされてたらイヤだなあ。

      [購入予定表]

       DVDとかCDが入ったおかげで結構な迫力です。しかし、この長さのリストに1本もゲームが含まれてないのは如何なものか。最近、すっかり新しいゲームをチェキしてないですもんね。いや、全くというわけではないのですが、発売日未定のモノをチェキすることが多いんですよね。

       ともかく、今週はDVDとかCDがごそっと発売するのですが……そういえば、私、まだ先月発売のフィギュア17を見てないのです。ギャラクシーエンジェルZのVol.1についてたおまけDVDも見てないです。これらはそれぞれ収録時間が1時間程度なので、なかなか見るタイミングが難しいんですよね。でも、フィギュア17は積むのは勿体ないから、最悪今週末の昼間にでも見ることにします。


      2001年06月23日() [n年日記]

      今日は

       土曜日分の日記は基本的に他の日と同じく当日の23時前後に書くのですが、この文章は24日の12時過ぎに書かれてます。と、昨日に今日送りにしたネタを今日も書かないといけないとは思いもよりませんでした(苦笑)。

       さておき、今日は密かに過密スケジュールでした。先日日本橋に出かける時に電話がかかってきて、前の仕事で提出したCDの1枚が起動しないのでそれだけ再提出してほしいと言われたのですね。全部起動確認したはずなのに謎ですが、SCEからの報告らしいのでおとなしく従います。ということで、今日は仕事の為に出かけないといけなくなりました。もちろん、いつも通り医者にもいきますので、普段よりちょっと早めに出発します。で、せっかくなので仕事の約束の時間よりも早目に移動して日本橋で買い物をしました。物は先日買うといってたJAZZ Millenniumの緑盤です(笑)。他にも買ってるのですがそれは後日。そして、仕事場に出てCDを1枚だけ焼きました。その後少し雑談などしてから自宅に戻ります。

       あとは家で金曜日分の日記を書いて、のんびりぐったり(オイ)リリーのアトリエでも……と思って、少しゲームを進めていると友人から電話が。内容は「半年ほど前にうちの近くに出来たバージンシネマでスピルバーグのA.I.が先行レイトショー上映されるけど見にいかへんか」というもの。その友人は、もうすぐ1年間海外留学するので、あっておかないと1年会えないというのもあって、OKしました。

       しばらくして友人が車で迎えに来てくれて、件の映画館に向かいました。私はその付近は教習時に通っていたのですが、あの頃はろくに前後関係もなく夢中で走っていたので、全く覚えていません。友人もこの辺はろくに通ったことがなく、いい具合に迷います。一応時間的には21時の開演に間に合うように、と思ったのですが。目的の建物を見つけて安心したのもつかの間。こんな辺鄙な所にある映画館(失礼)のレイトショーだというのに、でかい駐車場はほとんど空きがなく、停められる所を探して徘徊しました。かなりの距離をぐるぐるして、なんとか駐車して映画館に入った頃には当たり前のように21時の開演時間は過ぎており、次の開演(23時)を待つことになったのでした。待ってるあいだにその建物内のショッピングモールを見て回ったのですが、当然ながらほとんどの店は閉まっており、最終的に開いていた喫茶店に腰を落ち着けました。「ポムの樹」という店だったと思いますが、ケーキセットが470円と廉価な割に紅茶もケーキもそこそこのレベルでなかなかの満足度でした。紅茶もポットで出てきましたし、こういうセットとしては珍しくブレンドだけでなくダージリン、アッサム、アール・グレイが選択できましたしね。さておき、そこでしゃべってぐちって時間を潰して、開演時間まで粘って、映画を見て帰ってきたのでした。映画が終わったのは2時でした。

       とまあ、そんな感じの久々にハードな一日だったのでした。

      A.I.

       先日見たメトロポリスと同じくロボ話です。正直、メトロポリスは心を持ったロボットが云々という方向性の流れは本筋ではなかったので、その辺を期待していたのですが……以下、先行上映ということもあって、ネタばれゾーンを展開します。

       はっきりいうとこの話もいまいち期待はずれでした。子供を失った(実際には意識不明のまま治療を受け続けている状態)家庭に「代用品」として愛することのできるロボット「デヴィッド」がやってきてます。二人と一体は幸せに暮らせそうに思えたが、そんなときに子供(マーティン)が奇跡的に意識を取り戻して、家に戻ってきます。この二人、というかマーティンの方がやはり母親の愛を得ようとするデヴィッドに嫉妬し、いろいろな事をけしかけ、紆余曲折あってデヴィッドは捨てられることになります。ここまでが前半で、後半は家にいた時にピノキオの絵本を読んでもらったデヴィッドはピノキオ同様ブルーフェアリーに人間にしてもらう為、旅に出ます。その先々でいろいろなロボットにあい、トラブルに巻き込まれて……という冒険物っぽくなります。

       どちらのパートもそこそこ見ごたえがあるのですが、できればどちらかのパートを突き詰めてほしかったというのが私の感想です。できれば前半のパートを突き詰めて、愛するロボットは人間と共存できるのかという様なテーマをとことん掘り下げてほしかった所。後半部分も面白かったのですが、なんかちぐはぐな部分が多くて。ジャンクフェアで廃棄されそうになるデヴィッドを見て、それまでロボット破壊ショーを楽しんでいた観客が大挙して「子供」であるデヴィッドを助ける所も、観客はデヴィッドがロボットだと理解した上でそういう行動に出たのか、それとも人間だと思ったからそういう行動に出たのか、判断に苦しみます。最後のオチもこれまで2時間引っ張ってきた話はなんだったのかという様な感じでしたし。個人的には海の底でブルーフェアリーに出会えたところでそのままフェードアウトしたほうが、「愛を秘めたロボットの悲劇」としては奇麗にまとまったのではないでしょうか。

       あ、ドクター・ノウのマイクロソフトサポートの様なやり方はおもしろかったですが(笑)。

       メトロポリスよりは楽しめましたが、それでも問答無用に感動させられるとか、そういうレベルではないように感じます。映像的には面白い部分もあって見所は充分なのですが。ともあれ、話題作には違いないので、興味のある方はぜひ自分の目で確認される事をお薦めします。


      2000年06月23日(金) [n年日記]

      パソコンの使えない日

       私のパソコンが壊れたとかそんなんじゃなくて、 こういうニュース がありまして。言わんとしてることは理解できなくもないです。確かに、私もPCで文章を扱うようになって、下手だった字がますます下手になりましたし、会社でのやりとりも相手の所まで歩いていって一言声をかければ済む事をインスタントメッセージで済ませたりしてますし。ただ、これによって効率が良くなるから電子化が進んでいるのです。お役所は、私たちの税金を使って仕事をしてるんですから、そういう所で無駄なお金は使って欲しくないなあ。

       ところで、この太田市長さん。自分がパソコンが使えなくてこういうことを言いだした、頭の堅い人なのかなあとか思ったのですが、なんとこの人、4人将棋とかを考案したアイデア市長さんなんですよね。ということは、これって紙一重な発想なんでしょうか(苦笑)。

      [音楽] 指輪/坂本真綾

       劇場用アニメーション「エスカフローネ」主題歌の%表題%を買ってきました。

      「指輪」:

       いい感じですね。劇場の大音量でこの曲が流れてきたら、かなり心を揺さぶられるんじゃないでしょうか。ただ、個人的には曲全体のテンポに比べてかなり細かく刻まれているパーカッション、特にハイハットがちょっと耳ざわりに感じました。

      「ベクトル」:

       こっちはそれほど目立つ箇所はないんですが、安心して聞けるミディアムテンポのナンバーです。

       なんかシンプルすぎてどうしようもない感想ですが(苦笑)。さすが坂本真綾さん、菅野よう子さんの組み合わせで、作品の質が高い所で安定してます。

      [PC] HDDの残り容量

       買ってきたLovely Angls〜ぺろぺろCandy2〜と、チャットしようよ!を仮想CDにしました。仮想CDファイルを置くドライブは15GBの1パーティションなのですが、今残り容量を確認してみると、700MB弱しかありません。さすがに仮想CDファイルが28個も置いてあると辛いですね(苦笑)。

       久しぶりに、HDDの大掃除をしてやらないといけないですねえ。


      以上、11 日分です。
      タイトル一覧
      カテゴリ分類
      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

      あわせて読みたい デル株式会社 Just MyShop(ジャストシステム) ユーブック ブックサービス ブックオフオンライン フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

      トップ/けいじばん