トップ/けいじばん/携帯電話向け/RSS/ツッコミフォーム

Link 予定 TODO

      先月 2020年11月 来月
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30
      Namazu for hns による簡易全文検索
      詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
      検索式:



      2010年06月28日(月) [n年日記]

      今日は

       ああ!のんびりしてたら日記を書くのを忘れていましたよ。

       今日は東京で仕事です。現場の近くのホテルなので朝は結構ゆっくり目だったのですが、昨晩もそこそこ遅くまで起きていたのでそれほど睡眠時間は多くなく。いつもと同じくらいですね。すでにその現場には2,3回ほど行ったことがあったのですが、今回は今まで余り参考にしていなかった先方提供の地図を見ながら行ってみました。地下街を上がったり下がったりする内容だったのですが……上からだと目的の建物が見えるので楽だと思っていたのですが、結構高架が入り組んでいたり横断歩道が近くになかったりで苦労させられていたのです。それがバカみたいにあっさり到着。だいぶ時間をもてあましてしまったのでした。明日はそれを教訓に、さらにゆっくりしようと思います。

       で、18時に仕事を終えて、昼ご飯(笑)。晩ご飯にはちょっと早いのでコンビニでサンドイッチなどを買って、ホテルに戻って、そこから延々のんびりしていたのでした。

      [ゲーム] 世界樹の迷宮III・プレイ日記

       3週目真エンド到達。ボスキャラにはぼこぼこ戦闘不能にさせられましたが、立て直せないほどの状況にはならず、順当に勝利できました。他の2ルートに比べれば後味悪いこともないエンディングだったのですが……その後6層を進行して、深都の宿に行くと……いや、決して悪いことをしたわけじゃないのに、心が痛みます。ともかく、現状6層を探検中。お金も結構貯まっているのですが、そろそろ新しい素材でより強力な防具が入手できるようになったりして、またファーマー5が活躍することになるのかも。


      2009年06月28日() [n年日記]

      [買い物] 衝動買い週報

       今週は、PS3/ロロナのアトリエ〜アーランドの錬金術士〜、コミック/ぱにぽに・12巻初回限定版/氷川へきる、PC/Logicool VX nano、以上です。

      [ゲーム] PS3/ロロナのアトリエ〜アーランドの錬金術士〜

       現状6回目の王国からの依頼をクリアしたところです。年を開けてからの2回の依頼はどちらも早い段階で完了できたので、結構余裕を持っていろいろすることができました。が、探索はままならないですね。どんどん新しい「行き先」がオープンしてるのに、すでにいけるところを探索し切れていないのです。おかげで早い段階でレシピに載った項目が、全然作ることができなかったりして、ストレスがたまってます。今の3人の戦闘能力はそれほど悪くないと感じているので、単に時間の問題なのですけどね。なんというか、「行き先」に行ってからの移動でどんどん日数が進むのが厳しいです。

       その後フリーズは起こっていません。が、バグっぽい挙動には遭遇しました。アーランド国有鉱山の鉱山最深部だったかで、ゴーストが3匹一気に寄ってくるところがありますが、ここで2匹を倒した後、残りのゴーストが天井のあたりにワープして、そこでうごめき続けていたのでした。ゴーストは、ある程度ロロナに近寄った後、元の位置にワープして戻る性質があるので、戻る際に何らかの不具合が発生したんだと思います。

       それはともかく、ホムちゃん(妹)とパメラがアトリエに配置されて、アトリエ内のフリフリ度が急上昇して非常に目に嬉しい状態になってます。そりゃあ、師匠じゃなくてもハァハァするわ(マテ)。あと、師匠がロロナをからかうために、ホムちゃん経由で「ぺったんこ」「洗濯板」みたいな事を伝えていましたが、ロロナってきょにうですよね。バストショットのある女性キャラの中では上位に入ると思っていたのですが。師匠やくーちゃんは完全にぺったんこに見えるし。冗談だったにせよ、ロロナの怒りは結構なモノだったので、気にしてるのかなあ。充分なのになあ。

      [コミック] コミック/ぱにぽに・12巻初回限定版/氷川へきる

       まだ半分くらいしか読んでません。でも、ぱにぽにです。いいなあ、これ。初回限定版のおまけは復活のぱにらじだっしゅ!。これまた非常に楽しみですが、まだ聞いてません。時間を取ってじっくり楽しみたいと思います。

      [PC] PC/Logicool VX nano

       Firefoxでのホイール量のトラブルを解消して以来、特に問題もなく違和感もなく使えています。今までのMX1000と比べると本体のボリュームが圧倒的に小さいので、ちょっとつかんだ感触が頼りないですが、元々つまむようにマウスを操作していた方なので、しばらくすれば慣れると思います。……でも、仕事場でMX1000を使い続けることになるから、なかなか慣れないかも。

      [アニメ] 今週の地上波モノ

      咲-Saki-:

       中堅戦終了の巻。後輩を心配して会場に入ってきた風越のキャプテンさんは、清澄の竹井さんとの思い出にふけって、結局割と当たり前のアドバイスだけして戻っていったのでした。その後、竹井部長はカラテンリーチで他の人を威嚇したりして、トップのまま中堅戦を抜けたのでした。龍門淵のお嬢様が一の気持ちを聞いて、くねくねしてるところとか、のどっちの試合直前に目覚めて、階段を飛び降りる咲とか、妙によく動いてるところがありました。が、提供クレジットで利用されたのは執事さんの針裁きだったりして。それと今までタコスづくしだった「またみてね」の映像が、今回はタコスのいい絵がなかったためか、衣になっていました。DVD保存時のサムネイルをこの画面に統一していたので、個人的に非常に残念でした。

      ハヤテのごとく!!:

       ヒナギクの気持ちの巻。2時間半遅れて時計塔に着いたハヤテ。ヒナギクは待っている間に怒りを爆発させたあげく眠っていたが、彼の来訪に目を覚ます。そして、改めて怒りを爆発させ、伊澄に託された木刀で感情を高ぶらせ、ハヤテに斬りかかる。いよいよ絶体絶命、というところでヒナギクの怒りが本当の気持ちにたどり着く。そして、落ち着いて語り合う二人。ヒナギクの過去。ハヤテの前向きな姿勢。ヒナギクは、やっと自分の気持ちに整理がつき、ハヤテが好きだと気づくのでした。そんな話。おまけで瀬川さんのところの執事の話がありましたが、正直こんなのに尺を割かずに、もっとヒナギク三昧してほしかったです。

      マリー&ガリー:

       キュリー温度の巻。キュリー夫人がミーハーでそれを使って「キュリー温度」の説明をしたというのはわかったのですが、それを一緒に見せられたマリカたちがへろへろになっている理由がよくわかりませんでした。めちゃくちゃ長時間見続けてたから?

      この記事へのコメント

      Re: マリー&ガリー by 大江寿九    2009/06/29 21:41
      好きでもないものを繰り返し見せられると、へろへろになっちゃうのではないかと。
      Re: マリー&ガリー by ひゅぎぃ    2009/06/29 23:37
       ですかねえ。  尺の都合でか、一つのシーンを繰り返し流すのを見せられましたが、へろへろになるほど長...
      Re: マリー&ガリー by 大江寿九    2009/06/30 19:34
      映画館では初回上映から最終上映まで、DVDは徹夜で見ていたように思いましたが。 あと、短いものを繰り返し...

      [購入予定表]  

       まだ見てもいないアニメの主題歌が続々登録されています。聞いてから買うかどうか判断したいのですが、他のアイテムとセットで1500円以上にするというパズルのピースにするために、聞く前に予約してるやつもちらほら。 「うみものがたり」のmarble の奴とか、 絶望先生3期OP とかは絶対気に入ると決めてかかっているので、その辺は心配していないのですが……

      この記事へのコメント

      Re: CD通販 by 江戸井 不破論    2009/06/29 00:43
      「初恋 limited」は楽しく聴いてましたが、 「violet」のゆったりさは合わなかったので僕は見送ります。が...
      Re: CD通販 by ひゅぎぃ    2009/06/29 23:34
       情報ありがとうございます。  violetは一応、ウェブラジオでアコースティックバージョンを聞いているの...

      2008年06月28日() [n年日記]

      今日は

       昨晩ちょっと調子が悪くて、すでに医者に貰った薬もなかったので久々に市販の風邪薬を飲みました。その催眠成分のおかげですかーっと深く寝られて、非常に快適に目覚めました。……最近調子が悪かったのって寝不足なのかなあ。

       起きて、眼科に行きました。今日こそは近道を!と思い、前回か前々回くらいの発掘したショートカット出来る道のりをたどりました。結果、今まで通りの道を歩くのに比べれば5分以上短縮出来てる、と思います。ただ、目印も何もない住宅街を突っ切るので、私がぼーっとしてるだけですぐに迷子になりそうなのが危険なルートです。

       その後、駅に向かい、そのまま日本橋に出かけました。RD-S601を買ったときにゲットしたシマムセンの1000円商品券の期限が今月末までだったので、それを利用する為です。目的がなければそれすら無駄かと思うのですが、PS3とか買うなら、買わなくても何かと使えるから安いインシュレータでも買うかなと思ったんですよね。で、なんばCITYのハンバーグ専門店でお昼ご飯など食べて、シマムセンで買い物して帰ってきました。帰りの電車で、そう言えばビデオ用DVD-Rがなくなっていたので買い足せば良かったと後悔したのでした。

      [オーディオ] ABA 超薄型振動吸収シート A-30

       買ってきたのは結局コレ。大きさは395mm×295mmと、普通のラックやコンポーネントのサイズを考えるとちょっと中途半端な大きさです。私はこれをラックの天板上に置いてある、CEC DA53に敷こうかと思ったのです。が、家に戻ってサイズを比べてみると、どう見ても大きい。買うときに、もう一つ大きいのにすればLINN MAJIK CDの下に敷けるかなあと思っていたのですが、むしろ買ったサイズの方が適切だったみたいです。なので、LINN MAJIK CDの下に敷いてみました。LINN MAJIK CDは今までインシュレータもなしにラックに直置きだったんですよね。そして早速CDを聞いてみました。何か変化があるかと期待したのですが……最近あまり大きな音で音楽を聞いていないし、そのときトレイに入っていたのはそんなに聞き慣れていない、借り物の「娘フロ。」。そういう理由もあって、休みなのでそこそこ大きい音量で鳴らしてみたのですが、変化はわかりませんでした。まあ、「ちゃんと制振した」という安らぎを得ることが出来ましたけどね(笑)。

       ちなみに1000円商品券と赤札市のセール特価が合わさって、1400円の出費でゲット出来ました。

      [アニメ] 今週の地上波モノ

      ケロロ軍曹:

       前半、チビケロとロボットの友達。子供向けにしたって、ケロロの突き放した態度とピンチの時の心変わり、最後の元に戻る態度と、整合性が取れないように思うのです。せめてケロロはなぜ最初にあんな態度を取ったのかを説明して欲しかったところです。

       後半、カリエスウォー再びの巻。戦闘シーンがかなりの物量だった割に、あんまり冴えた戦闘シーンは見せてもらえなかったのが残念。旗艦がグワンバン?似だったのでムサイっぽいのもエンドラだったのかなあ。その辺、ちょっとしっかり判別できませんでした。しかし、ぶっちゃけるにもほどがあるひどいオチだ。

      マクロスF:

       ランカ、デビュー・プレライブの巻。ずっとランカのターン!!最初はてっきりフォールド通信でライブを中継して反乱を起こしたゼントランを収めるのかと思いきや、ミハエルがルカの手引きでゲットした秘密兵器で単身バルキリーで現地に行くことになって、アレ?と思っていたら、サウンドブースターとランカ搭載で直接ライブを持ち込むのですか。熱い。敵の主犯格が遺伝子云々言っていましたが、ワレラ・ロリー・コンダ達が持っていた遺伝子もしっかり受け継がれているようで、大半のゼントランはランカにめろめろ。主犯格はアルトと一騎打ちして、アルトの華麗な戦闘機動で撃墜。そして初々しいアルトとランカのデートフライトで締め……と思いきや、ここで朽ち果てた「マクロス」登場。すげー引きだ。次回サブタイトルの「メモリー・オブ・グローバル」っていうのはグローバル艦長の記憶って事でいいんでしょうね。いや、次回が楽しみです。

      狂乱家族日記:

       雹華の初恋の巻。雹華の過去と、さらにそれを責め立てるように現れるDr.ゲポッグがひどすぎる。そんなひどい流れを乗り越えて、初恋が実りそうなやりとりを見せて、いい話で終わらせてくれたのは何より。途中の凶華の暴走による乱咲家のイベントなど、面白シーンがあったのに、それでも全体的に重く感じるのはやはり雹華の過去が重すぎるからなんでしょうね。ところで「娘さん」の最後のまくし立てとか、非常に気っぷのいい感じで、うまく演技をつけていてグッジョブでした。


      2007年06月28日(木) [n年日記]

      今日は

       帰りの地下鉄で隣に座ってきた男性が、ずーっと鞄を縦にして膝の上に置いてました。私は大体眠くなくても目を閉じてぐったりしているのですが、ちょっと気になって隣を見てみると、その鞄の上にケータイを出してそれで音楽を聞いている……って、W-ZERO3[es]で動画見てました。なんで縦画面で見てたのでしょう。横画面にした方が映像が広くて見やすいのに。いや、のぞき見されるのが嫌だからなのでしょうかね。それにしたって顔と端末の間隔は7,80cmは空いていたので、隣に座っている私からすると丸見えだったのですけど。

       帰ってくると、amazonから荷物が二つ届いてました。一つは、 家族ゲーム・2巻/鈴城芹 、もう一つはとうとう発売した スーパーロボット大戦OGS です。OGSといえば…… 寺Pなにやってるんだ ……

      [ゲーム] スーパーロボット大戦OGS

       早速プレイ開始しました。予告通り、OG1のリュウセイルートからです。まだホントに始めたばっかりで、トロンベでバグスを倒して、テンザンに凹まされて、リュウセイが「こいつ……動くぞ!?」して、SRXチーム揃って演習を始めたところです。要するに3話に入ったところです。2chのスレを見ていると、現状判明している範囲では隠し機体/武器条件はGBA版と同じという事らしいので、それらを参考にしてゲームを進めたいと思います。今度こそヒュッケバイン008Lをゲットするぞ。でも途中離脱確定のイングラムを育てないといけないのは……うう。

      [アニメ] 今週の地上波モノ

      ながされて藍蘭島:

       誕生日の巻。写真を見た瞬間「妹」だと信じて疑わなかった私。ハーレム世界でもない限り、行人に彼女が出来ると思わないという考えがあるんでしょうか。ともかく、その写真を故郷に残してきた恋人だと思いこんで暴走する女性陣。それとトンカツの誕生日を祝う為に、豚型冷や奴を作ろうと四苦八苦してるすず。いろいろ誤解がありつつ、元の鞘に戻って、トンカツの誕生日を祝うのでした。でもって、すずと行人はちょっと仲良くなるのでした。そんな話。1クールの締めだけあって、最終回に出来そうな雰囲気のある引きでした。まあ続くんですけど。しかし、ED曲。松浦有希さんの曲は良い感じなのですが……作詞も松浦有希さんで……アレを作詞したのでしょうか。それともキャラソンアルバムとかには普通に歌付きが入っていて、今回のED用にトンカツボーカルバージョンを作ったと言うことなんでしょうか。オリジナルからしてこのボーカルだったら、印税ぼろもうけですね。


      2006年06月28日(水) [n年日記]

      今日は

       帰りに鞄からiPodを取り出してちょっと操作をしていたら。気付いてしまいました。ゼンハイザー PXC250のヘッドフォン端子の根本が被膜が捲れてきてます。最近ちょっとこの扱いはまずいかな、と思っていて、熱収縮チューブでも買ってきて補強してやらないといけないなと思っていたのですが、事態は火急。とっとと熱収縮チューブを買ってこないと。

      totes チタンレインフォース

        先日 買おうかと考えていた %表題% 。注文してさくっと届きました。今まで使っていた無印良品のアルミフレームの折りたたみ傘と比べると……やっぱり重いですね。無印の奴が軽すぎる、のかもしれません。でも、傘を開いた時の大きさはチタンレインフォースの方が大きいですし、おそらく丈夫さも段違いではないかと思います。なので、この重さは性能アップに伴うものだと考えて納得する事にします(苦笑)。あ、あとボタン一発で開いて閉じて、というのは、ちゃんと機能している間は便利かも。もう壊れる心配をしてるのか(笑)。

       ところでこの荷物は、佐川急便の代金引換で届きました。発送メールは昨晩20時。発送元は東京。やっぱり通常の宅急便なら佐川もちゃんと早いんですよね。例によってメール便は……25日の13時に発送メールが来た奴が今(29日0時)の時点で届いてなかったりするのですが。つか、メール便と宅急便を届けるヒトは別なのでしょうか。なんで今日の荷物と一緒に持ってきてくれないんでしょう。

      [ゲーム] キミキス・二見瑛理子ナカヨシルート終了

       くぁーっ、二見さん萌えっ! スキルートをクリアした時 は、キスしまくりなのはともかく、それ以外は強く印象に残らなかった彼女なのですが、ナカヨシルートの可愛さと言ったら。今までヒロインをお気に入り順序に並べたら後ろから数えた方が早かった彼女ですが、このルートでぶっちぎりトップに躍り出ました。ちなみにこのルートもやっぱりキスしまくりではあります。そう言う意味では、「キミキス」というタイトルを一番堪能出来るルートなのかもしれません。

      [アニメ] 今週の地上波モノ

      スクールランブル二学期:

       2話連続放映でした。先に放映された方では、 コミック最新刊で気に入った 「がんばれ〜〜!!」をやってくれました。件のシーン自体は充分良かったのですが……サッカーのシーンを変に増強したり、サラがラブレターを渡されるシーンを追加したりと、蛇足気味でした。何よりダメだと感じたのは、田中君をサラが見つけるシーンの前後。負けてみんながっかりしている中で、それでも「ああ……あの男(ヒト)だ−」と気付くシーン。コミックではあくまでサラの洞察力で見つけているのですが、アニメでは露骨に叫ばせてしまってます。見つけるのはその前なので蛇足が付いてしまっただけとも言えるのですが……大げさにしすぎて私はげんなりしました。コミックが気に入っていただけに残念な改変でした。

       後半では、天満&播磨の夢話とか、天満の誕生日話とか。後者は格好良く沢近が現れて播磨最大の?ピンチを救っていくのが格好良いですね。まあ、自分で稼いだわけでもないお金で恩を売ってると見えなくもないのですが(苦笑)。しかし、あの弟と天満のお代わりしまくりは……播磨は単純にメニューの値段×4で計算してましたが、あれはそんなモノではすまんでしょ。天満もメニューを見て値段を見た(見てない?(笑))ならちょっとは遠慮してもいいのでは。天満的には播磨は妹の彼氏なんだから。


      2005年06月28日(火) [n年日記]

      今日は

       今日もまた自分のメインではないお仕事で残業。ここ2,3日はなんかおかしいです。何がって、自分のメインのお仕事よりメインじゃないお仕事に割いてる時間の方が長いのです。今日なども、自分の作業を進める為に使った時間は3時間くらいじゃないかなあ。下請け仕事を孫請けに流しているその間、という立ち位置の為に上と下からばんばん割り込みがかかって、メインスレッドにパフォーマンスが割けないのです。どのくらい割り込まれてるかっちゅーと、 こんな感じ 。秀丸エディタの最近使ったファイル履歴ですが、テンポラリファイルは全部メールを書く為なんですな。

       今ちょっとPCのHDDの中をさらっていたら、先日前のPCから移してなくて消滅したと思っていたPS2のメモリカードデータが見つかりました。前のPCから移してきて、「未整理」というフォルダに未だに放置されてました(笑)。まさに未整理だ……でも、やっぱり見比べてみるとPAR3で吸い出した形式(拡張子max)と、メモリジャグラーUSBで吸い出した形式(拡張子psu)は内容が違ってますね。コンバータとかないかなあ。と、思ってちょっとぐぐったら WESTSIDEのフリーツール がありました。おお、これで第2次スパロボαのデータを戻せるかも。試してみようっと。

      高松塚古墳 石室解体し、壁画修復

       これ、私のせいです(マテ)。

       昔、小学生くらいの頃、古墳とか遺跡とかに強く興味を持っていて高松塚古墳も見学に行ったんですよね。そのとき、入り口だかの注意書きを見ずに入って、うかつに壁画をフラッシュを炊いて撮影したことがあったのでした。そのときは速攻で監視員のおっちゃんの怒られましたが。まあ、フラッシュに限らず、長年空気が入れ替わらないから綺麗に保存されていたものが、人が入れ替わり立ち替わり入ることで空気が入れ替わったり、人の呼吸による二酸化炭素の増加とかそんなのも劣化の原因になってるんじゃないでしょうかね。

       なので、まあ冒頭の「私のせいです」は冗談にしても、ごくごく一部は私も影響を与えてるんじゃないかなあ、なんて思うのでした。


      2004年06月28日(月) [n年日記]

      今日は

       帰りの電車の冷房が凄かったです。気温が、というより風が強くて。車両に入った直後は爽快だったのですが、最後にはええ加減にせえとか思う始末。私はそういうのを見越して長袖シャツに長袖の上着で出かけているので特にしんどくはなかったのですが、薄着の女性とかはきつかったんじゃないでしょうか。

       帰ってくるとクレジットカードの明細が届いてました。最近衝動的にamazonで買い物してる事があって、ちょっと心配だったのですが普段+2万円くらいで済んでました。って、2万円衝動買いしたら私のお小遣いからするとえらい事なのですが。あ、でも予定通りのものも含んでるので問題なしかな(マテ)。

      [アニメ] 今週の地上波モノ

      鋼の錬金術師:

       焔の錬金術師とその仲間達の巻。番外編みたいな感じで基本的に笑わせる話、なのですが、そんな中にアーチャーがシェスカさんにヒューズの調べていた物を集めさせてみたり野望を大総統に伝えていたり、ヒューズ宅を訪問したマスタングを見て複雑な顔をするウィンリィがいたり。捨て話を作らないなあ。お話のネタ自体はわかりやすいのですが、キャラの挙動とかが結構楽しくて、笑わせて貰いました。前半で振られて(?)そのまま後半も延々崩壊状態になってる部下の人がイカス。あと、意表をついで見目麗しいアームストロングさんの妹さん。釘宮ボイスでロリばいん、ロリはともかく、ばいんと釘宮ボイスの組み合わせはすげーレアです(笑)。こんな素晴らしい組み合わせなら逆玉がなくても突撃あるのみでしょう(笑)。

      ふたりはプリキュア:

       キリヤ君の告白の巻。次回予告を見て、ちょっと期待したのですが……期待はずれだったかも。もっと告白まで引っ張る、というかせめてデートみたいな事をしてそれで告白、とやってくれるかと思ってたのが一点。もう一つは覚悟を決めて戦いを挑んできた、と言う割にキリヤの戦い方がぬるすぎる点。最初の頃歌舞伎の人とか筋肉バカとかをさんざんバカにしてた割に、これが実力だというのならしょぼ過ぎですな。少なくともあれじゃ姉の敵は取れないでしょ。プリキュアのふたりがキリヤを倒したくないからサンダーブレーク(違います)を使わず、肉弾戦に終始するのは理解できるのですが。しかしキリヤ君、最後の敵の前でプリズムストーンを渡すのは……最後の人も、何を考えて見ていながら阻止しないのでしょう。そんでもって、キリヤとの戦いで憔悴しきった二人を放置して戻ってしまうし。お前ら、勝ちたいんちゃうんか。やってしまったら話が終わるのはわかるのですが、それならそんな風に思わせないように上手く作って欲しい所です。


      2003年06月28日() [n年日記]

      今日は

       週末の天気予報で雨だと聞いたので素直に大人しく家で過ごしていました。いつものことですが。

       広告は、先週が大更新になったので今週は発売済みアイテムの取り下げを中心に。 サモンナイト3 とかがイメージができてたので張りましたが、あとはちょこちょこテキストを追加したくらいです。 とらハOVAの12 とか、7月からのアニメでなんか二つも担当されてる佐藤裕美さんの新曲 12 。あとは小麦ちゃんCDを 12 と、そんな感じ。

      [ゲーム] ゆめりあ・終了

       今日はスパロボじゃなくてゆめりあの続きから始めてました。7月から、またアニメ新番組がどかっと増えて幾番組かを切るまでは今まで以上に平日のゲームプレイ時間が取れなさそうなので、とにかくコンプしておこうと。おかげでモネをクリアしてコンプできました。やっぱりモネが普通に言葉をしゃべってると違和感を感じますね(笑)。あと、やっぱり彼女も恋愛対象にするにはちょっと小さいなあ。私の守備範囲はこのゲームでは九葉以上ということで。

       シナリオの方はキャラ毎にそれなりに同じ設定を消化しつつも話を変えてあって、楽しめました。御都合風味は元々の設定に組み込まれたモノもあるので、気にしないとすると、かなりバランス良く完成されてるんじゃないでしょうか。買ってから細切れに結局2ヶ月もかけてしまいましたが、最終的に充分楽しめた1作でした。

      [ゲーム] 第2次スーパーロボット大戦α・プレイ日記

       今日はゆめりあを進めていたので、1話だけ進行。

       第45話「ビムラーの意志」。広いマップ中に敵が分散していて、ターン制限があって、守らなければならないNPCがいて、敵増援もあって、と構成だけならかなり厳しい話。実際、守らないといけないグッドサンダーは、さっさと周りの敵を倒してやらないとあっさり落とされそうな勢いでダメージを貰ってました。ドクーガ3幹部の戦艦はたいしたことないですし、ドクーガガンダム(笑)も偽ゴーショーグンもたいしたことありません。ゾンダーもたいしたことないんですが、メガノイドだけは出現場所がグッドサンダーに近い上に、ボスクラスが2小隊いるので、ちょっと大変でした。

      [ゲーム] 宇宙帝王さんとオーバーフロー

       宇宙帝王さんの所のトップに「今はオーバーフローさんのお仕事をお手伝いしています。」という文句が。メイン原画で仕事をしてたりしたら期待大です。バカな方向に振られても、黒い方向に振られても問題なし(笑)。


      2002年06月28日(金) [n年日記]

      今日は

       猫たまりの謎が解けたような気がします。今日も行き帰り、昼ご飯を買いに行く行き帰り、それぞれ猫レーダー全開だったのですが、お昼ご飯の帰りに、付近の道の途中に二人で話しながらも一定の方向を見ている二人の女性が立っているのを見かけました。何を見てるのかな、とその視線の先を追うと、皿の中の何かを食べている3匹の中猫がいました。こうやってこの辺で餌付け(笑)されてるから集まってくるんですねえ。まあ、もともとは猫がいたから餌をあげて、そうしたらまたやってきて、そうこうするうちに仲間を連れてやってきて、という様な感じの猫連鎖があったのでしょうけど。なんにせよ、理由がわかってすっきりしました。

       今日も金曜日なので、いつも通り日本橋に寄りました。私はなんのチェックもせずに立ち寄ったのですが、ソフマップのアダルトソフトフロアに行くとすごい人だかりが。そういえば今週は月末の金曜日なのですよね。確かに平積みを見ると、D.C.だの、とらかぷっだの、ふくらみかけだの、最近チェックを怠っていた私でも聞き及んでるタイトルがずらっと並んでました。とらかぷっは一応デモを見て気に入ってたんで、欲しかったのですが……最近すっかりお金を使う前にいろいろ考えるようになって、結局財布の口は開きませんでした。

       ということで、買ってきたのはリニューアルされた ラブリー百科事典 だけです。といっても、今週は頭からDVDとかCDとかを買ってるので出費自体は多いのですけどね。

      [アニメ] 七人のナナ

       最終回。1クール終了時に切るとか何とか言っておいて、結局きっちり最終回まで見てしまったのでした。ここ数週は作画もがたがたで、かなりやばかったのですが、最終回は持ち直してましたね。

       お話の方は……この最終回だけ見てるとなんか戦う変身ヒーローモノアニメみたいでした(笑)。プリズムという心の欠片をうまく使って、自分の中の負の部分を見せて、そして結局「受験は自分との戦いだ」という事を見せてくれたのですけど……なんというか、中盤までの学園コメディ的なノリはどこかに行ってしまいましたね。個人的には逆にこの最終回のノリで最初からやっててくれれば楽しめたんじゃないか、なんて思うのですが(笑)。

       しかしDVDの売り文句で「お受験アニメの決定版」とかってコピーを使ってますが、この最終回を見る限り「決定版」と銘打つにはちょっと方向性がずれてるような気がします。


      2001年06月28日(木) [n年日記]

      今日は

       あいもかわらず家でお仕事。だいぶ進行してきたのですが、やっぱり逆アセンブルしたソースリストからプログラマの意図を探るのって難しいですねえ。無駄なコードが入ってないとも限らないし、その上今戦ってるCPUはレジスタの幅が可変なんですよね。その辺を間違えたまま逆アセンブルしたら実行できる状態にすら戻らないし。って、そこまで書いたら私が何のハードからの移植をやってるのかわかっちゃいますね(苦笑)。

       で、進捗状況をメールして、その後レビューを書いたりとびでばいんの続きをやったり。そうこうするうちにPHSが着信しました。時間は22:45。内容は、PSの前の仕事のSCEチェックの結果が返ってきて、ほとんどは仕様ということにしてパスさせたが、一ヶ所だけプログラマ(私ですな)に確認したい項目があるということで。その後23時に改めて電話があり、そこで細かい内容を教えてもらいました。はい、それは仕様です。バグじゃありません。ええ、もう終わってほしいですし(笑)。いえ、もちろん嘘をついてるわけじゃないですよ。で、この結論は23:30までに先方に伝えないと工場に入れられないとか。……なんでそんな切羽詰まってるんでしょうか。スケジュールの問題はわかりますが、他の項目を検討してる時間というのがあったと思うんですよ。その時間を割く前にこちらにも連絡をくれてればこんなにあわてなくてすんだと思うんですけどねえ。まあ、ともかくこれでやっと前の仕事が終わりました。ばんざーい。

       そういえば、今日のお昼時に父が「昼飯にハンバーガー買ってきたるわ」と言いました。先日もそんな感じのお昼だったので「今日はカップ麺でええよ」と答えたのです。そうすると父は「お湯沸かさなあかんねんで?」と尋ねてきました。……ええと。私は確かに家事は全然ダメですが、お湯が沸かせないほど手が震えていたり目が見えなかったりするわけじゃないです。そんなに私が信用なりませんか。

      [ゲーム][更新] 闇の声

       非常に楽しめた一本です。その割にレビューの文章量は少なめですが、それは説明しないといけないほどややこしい部分が少ないというのが理由です。かといってありふれているかというとそうではないのがこのゲームの凄い所ですね。

       ただ、このゲームが面白いからといってまねてみてもこれ以上の物量を投入しない限りこれより凄いゲームにはならないでしょうから、そうそう真似は出来ないでしょうね。

      [アニメ] シスタープリンセス

       うわー、なんか総集編ってめちゃひさしぶりかも。最近は総集編の挿入されるスパンである13話の時点で終わるアニメばかりですもんねえ。

       さておき、今回も比較的作画は良好。まあ、だいたい総集編は他の話からカットをたくさん持ってきますから間に挟まる少ない新規作画シーンは丁寧に描かれてることが多いんですが。しかし、なんかカットを選ぶのにかなり苦労してる感じが見え隠れしてますね(笑)。あと、後半の方の引いたカットはいつも通りがたがた。この話で複数人数が同時に画面に入ってる時に「奇麗だ」と思ったことがありません(苦笑)。

       お話しの方は総集編なので特になし。と思いきや、引きに山田&ガルバンネタがないだけでなく、例のモニュメントの上にEDで草原をかけている少女が居ます。彼女は何者なんでしょう。夏が見せた蜃気楼なんでしょうか(オイ)。

       っていうか、千影を「不思議」の一言で済ませるな>兄チャマ

       あと、楽しそうに鼻歌を唄いながら料理をする白雪が好感度高いです。

      [アニメ] GEAR戦士電童・最終回

       ……ああ、もう「凄い」の一言です。確かに30分の番組なんですが、1時間以上画面に夢中になっていたかのような錯覚を覚えるくらい詰め込まれた最終回でした。

       第7のデータウェポン「フェニックス」を装備した電童の勇姿。フェニックスによりエネルギーが無限になった電童の最終技とも言えるデータウェポンフル装備による全データウェポンの同時ファイナルアタックで衛星砲からの強力な攻撃を押し返す圧倒的なパワー。凰牙に復帰するアルテア、そしてゼロとの一騎討ち。キバストライカーのファイナルアタックでガルファの中枢部まで敵を貫通しながら一気に突き進む電童。コクピットを貫かれた凰牙とそれを助けようと愛用のバイクで突撃するベガ。そしてその隙にゼロを粉砕するアルテア。同時にデータウェポンが示した力の象徴である長大な剣でガルファの正体であるやまたの大蛇を真っ二つにする電童。もう、息をつかせぬ展開でした。

       そして、螺旋城の進行は止まり、全世界に向けてそのことを告げるニュースが流れ、人々は歓喜するのでした。最後にニュースを読み上げてるのが北斗の父だというのもおいしいです。

       またずらずらあらすじを書いちゃいましたが。とにかく、凄い密度の高い最終回でした。3倍程度の時間には引き伸ばせたんじゃないかと思えるくらいです。最後の最後に高校生(中学生かも)になった北斗、銀河、エリスが描かれてましたが……この年頃になった彼らの日常もちょっと見てみたいですね。でも地球に帰化したであろうスバルはどうしたんでしょうね。まあ、別にいいんですが。

       しかし、この激しい戦闘シーンの応酬を見ていて思ったのですが……電童にはぜひスパロボに参戦してほしいですね。エネルギーという設定が最初から組み込まれてるのも都合がいいでしょうし、データウェポンの取得でどんどんパワーアップしていくというのも扱いやすいでしょうし。スパロボ用設定でなく、ホントに補給機であるセルファイター(ブースター)とヴァルハラもありますし。凰牙という兄弟機があるのもいい感じです。ホント、出てくれないかなあ。


      2000年06月28日(水) [n年日記]

      [PC][オーディオ] PCの出力をアンプに通してみる

       折角入力端子が一杯あるんだからということで、%表題%。前にちょっとジョイントを使って試してみた時にmp3の音が中音あたりが増強されて滑らかな感じになったんですよね。なので、今PCに接続しているスピーカーは使わない覚悟で、オーディオテクニカのちょっと高いケーブルを買ってきてPCを接続してみました。

       やっぱり、前に試した時と同じく表現力が高まってます。が、細かい所まで聞こえるようになった分、mp3の圧縮によるゆがみも容易に聞き取れるようになってしまいました(苦笑)。まあ、PCの出力は声付きゲームや、CD-DAがBGMのゲームなどもありますからね。mp3も、今までに比べればよく聞こえる訳ですし。

       と、まあ一応納得したので、PCに使っていたアンプ付きスピーカーは外してしまいました。

       ただ、今回の作業時にサイドボード裏のケーブル類があまりにもこんがらがっていて、突起の少ないステレオミニジャックのケーブルが引き抜けないことにちょっとゲージが振り切れまして(苦笑)。今週末にはPCの辺りを全部いったん退かしてケーブルの整理をしようと思います。

       こないだのモニタ架台設置のときに、プリンタケーブルの先を落してそのままになってる事だし(オイ)。

      [音楽] たのしいこと/井上喜久子

       「ただいま」「不思議なおまじない」につづく、久々の喜久子お姉ちゃん全曲作詞作曲のアルバムです。プロデュースは川井憲次さんなので安心です(笑)。各曲のコメントにあるパーセンテージはあまり気にしないでください(笑)。

      夏はうきうき:

       お姉ちゃん度:80%、みんなのうた度:100%、うきうき度:120%
       お姉ちゃんらしい歌詞と、川井憲次さんによるポップなアレンジが合わさって、楽しい雰囲気が良く出ています。まさに「うきうき」。

      とりあつかい説明書:

       お姉ちゃん度:120%、みんなのうた度:10%、というかいらない度:200%
       お姉ちゃんの%副題%に対する姿勢を表現した歌詞がすばらしいです。「というかいらない」を止めなかった須賀プロデューサー、ずいぶん寛大になったというか、あきらめてるというか(苦笑)。
       あと、タイトルと内容から想像するアレンジと実際のアレンジが全く違うのがポイントですか。実際のアレンジは、大正ムウド歌謡といった感じです(笑)。

      でんぐりがえり:

       お姉ちゃん度:50%、みんなのうた度:200%、大規模度:150%
       誰かがでんぐりがえりして、それを誰かがまねて、さらに他の誰かがまねて、というのをどんどん繰り返して、最後に「地球がちょっぴり揺れました」で締める、大きいのか小さいのかよくわからないお話しです。これはそのまま「みんなのうた」に持っていけますねえ。

      すき:

       お姉ちゃん度:100%、みんなのうた度:50%、タイトルとのミスマッチ度:100%
       「%副題%」、こんなタイトルで歌を作ったら普通の人なら絶対に恋の歌になるかと思うのですが、さすがお姉ちゃん、食べ物や情景、人の表情などが「すき」という歌になりました。

      思い出の帰る場所:

       お姉ちゃん度:25%、みんなのうた度:25%、懐かしい記憶度:100%

      泣きむしクマちゃん:

       お姉ちゃん度:75%、みんなのうた度:180%、クマちゃん度:100%
       お姉ちゃん独特のキャラソングなんですが、クマちゃんがウェンデにゃんやポーリンの様にキャラが立ってないのが辛い所ですね。とはいえ、一般的なキャラなのでこれもまた「みんなのうた」にそのまま使えそうです。

      ほっぺに約束:

       お姉ちゃん度:85%、みんなのうた度:70%、英語のコーラス度:120%
       お姉ちゃんの歌に英語のコーラスが入るなんて!!疾走感と透明感のあるアレンジと広谷順子さんのコーラスがさわやかに組み合わさってて格好いいです。男の子の立場に立った歌詞も力強くていいですね。

      あめ:

       お姉ちゃん度:60%、みんなのうた度:20%、やさしいひと度:100%
       「%副題%」だからって、飴の歌じゃないですよ(笑)。これは「雨」の歌です。「やさしいひとになれますように」「つよいひとになれますように」というフレーズが印象深いです。

      いいね:

       お姉ちゃん度:200%、みんなのうた度:80%、無責任度:200%
       ……これって、普段のお姉ちゃんの即興ソングのままなんじゃ……「ショートケーキはおっきくても、ショートケーキってゆうんだよ、なぜだか知らないけれどもね、おいしいから、いいね。」。こんな感じのフレーズが5つ並んだだけの歌です。ちなみに、ショートケーキはショートニングを使ってるから大きくてもショートケーキなんだそうです。

      灼熱のウェンデにゃん:

       お姉ちゃん度:100%、みんなのうた度:90%、コーヒー牛乳度:120%
       お馴染み、ウェンデにゃんシリーズ最新作です。今回のウェンデにゃんは空港の手違い(?)のせいで海外に飛びだします。でも、歌が終わるまでに「あの子」の所に帰ってこれてないんですけど、次回作はどうなるんでしょうね(笑)。

      しりとり物語:

       お姉ちゃん度:90%、みんなのうた度:65%、切ない度:100%
       短い歌です。内容はおさかなの切ない夏の思い出って感じなんですが、なにが「%副題%」なのかというと歌詞が1行ごとにしりとりしてるんですよね。

      ありがとう:

       お姉ちゃん度:95%、みんなのうた度:30%、ありがとう度:150%
       お姉ちゃんの感謝の気持ちを歌にしたという感じの「ありがとう」が一杯つまった歌です。飾らない言葉だけで自分の言いたい事を伝えられるお姉ちゃんって凄いですよね。


      以上、11 日分です。
      タイトル一覧
      カテゴリ分類
      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

      あわせて読みたい デル株式会社 Just MyShop(ジャストシステム) ユーブック ブックサービス ブックオフオンライン フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

      トップ/けいじばん