my favorite music/to eat

2000/4/30(日)
 今週の衝動買い週報です。今週は「すぺしゃる」でお送りいたします(笑)。
z0004301.jpg z0004302.jpg
 前代未聞、根本的に1フレームにおさまらない買い物の量です(笑)。まず、左(上)の写真から紹介します。
・PS/ロックマンDASH2(*)
・PC/まじかる☆アンティーク
・PC/行殺新選組
・CD/ミントと口笛/飯塚雅弓(*)
・CD/I LOVE HINA
・SCD/明日の笑顔のために/松澤由美
・LD/カードキャプターさくら・17巻
・ハード/SUNTAC U-Cable/type P1(*)
・ハード/SMART JOY PAD II for USB(*)
 続けて、右(下)の写真です。
・PC/せんぱい(+)
・PC/Love Mate〜恋のリハーサル〜(+)
・PC/Aries
・CD/やまとなでしこ/やまとなでしこ
・本/カードキャプターさくら イラストレーションコレクション2
・本/リーフファイトトレーディングカードゲーム ビジュアルファンブック
・コミック/ぴたテン・1巻/コゲどんぼ(*)
・コミック/リスキー☆セフティ・3巻/臣士れい(*)
 以上です。(*)は衝動買い、(+)はどっちかだけにしようと思っていたけどどっちも買ったという様な事を示す記号です。

 では、いつものように上から順番に紹介を。
 ロックマンDASH2、実はシリーズ作品は全く遊んだことがありません(笑)。最近雑誌に紹介されていて、女の子比率が高いように感じたことと、評判から萌え要素(笑)を感じたから買いました。まだプレイしていないのですが。
 まじかる☆アンティーク、1回目終了しました。これはスフィーバッドエンドか……と思いつつ最後にまとめてくれたので、これはスフィーノーマルエンドってところでしょうか。スフィーは一時期レベル3まで成長したのですが、イベントの関係でレベル2の状態でエンディングを迎えました。経営部分もシナリオも面白いですよ。最後の「まとめ」の部分に流れてきた「Littlestone」なんか、きっちりツボを押さえてくれましたし。これはまだまだ楽しめそうな予感です。ところで、バグが多いとかいう話を聞くんですが、どのへんがおかしくなるんですかね。私は特に不具合に遭遇しませんでした。
 行殺新選組、これも1回目終了しました。近藤勇子エンド。もっととんでもないバカゲーを想像していたのですが、不条理度が10〜20程度でとどまったせいか、最後のほうにシリアスなイベントも起きて、それなりに小ぢんまりとまとめてくれました。うーん、今度は不条理度を上げるようにプレイしてみるかな。会話のテンポなどは面白かったですが、ちょっと期待がでかすぎたかもしれません。ところで、これもバグがひどいと聞きますが、フルスクリーンで起動できなくなるバグ以外にどんなのがあるんでしょうか。まあ、途中で反転チップが壊れる事や、テキストが途中でちぎれてしまっていることはありましたが。
 ミントと口笛、これは飯塚雅弓さんの2枚目のアルバムです。以前に彼女の1枚目のアルバムを聞いた時にいまいち気に入らなかったんで、これも買っていなかったのです。ですが、最近彼女のボーカルの評価が急上昇したので、折角だからと1枚目のアルバムを聞き直してみたのです。そうすると私のいだいていた印象のほとんどは1曲目のせいだとわかりまして。まあ、他の曲も3枚目のアルバムほどではないのですが、所々3枚目への片鱗が感じ取れたので、じゃあ2枚めはどんなものなんだろう、と思いまして買ってきました。こっちも1枚目よりはこなれていますが、やはり3枚目で急変化しているみたいですね。でも、11曲目とかは結構いい感じかもしれません。
 I lOVE HINA、これは高橋むぎさんに、松浦有希さんの曲が入っていて、しかもそれが氏のお薦めの倉田雅世さんのボーカルだと言われて買ってきました。2曲のボーカル曲とショートドラマの入ったマキシシングルなんですが、まだ曲しか聞いてません。曲自体も、どっちもそんなにしっかり聴けてないですが……堀江由衣さんのボーカルって私はそんなに嫌いじゃないんですが、このCDの唄はちょっとダメかも(苦笑)。倉田雅世さんの唄の方は……これもまた、いまいちという感じでしょうか。むぎさんによるとこの曲は彼女のボーカルのパワーを引き出せていないということらしいので、まだ評価はできませんが。ともかく、この曲自体、悪くないんですがアルバムの中継ぎという感じのゆったりした曲なので、ちょっとインパクトに欠けますね。
 明日の笑顔のために、これはゲートキーパーズのエンディング曲ですね。なぜかSCDのパッケージには「オープニング」と書かれていますが。TVサイズですごく気に入っていたのですが、フルコーラスでもいい感じです。さすが田中公平氏による作曲です。とはいえ、カップリング曲はそれほどお気に入りではないのですが。
 カードキャプターさくら・17巻については、26日の日記をどうぞ。
 SUNTAC U-Cable/type P1と、SMART JOY PAD II for USBについては、昨日の日記をどうぞ。
 せんぱい、Love Mate、Ariesはまだプレイしてません。
 やまとなでしこについては、27日の日記をどうぞ。
 カードキャプターさくら・イラストレーションコレクション2、これもまだしっかり見てないのですが、巻末の書き下ろしコミックは読みました。〜1がさくらの風邪だったのに対して、〜2は小狼の風邪になっているのが面白いですね。なんからぶらぶ爆発モードなんですけど、これっていつの時点のお話なんでしょうね。
 リーフファイトTCGビジュアルファンブックについては、26日の日記をどうぞ。
 コミック2冊については、まだ読んでません。
 あ、あと写真に入れるのを忘れてましたが、28日に紹介したMS IN ACTION!のガンダムも買ってました。

 てな感じで、駆け足でしたが、今週の衝動買い週報でした。

 ということで、今週はこの時点ですでにかなりの長文となってしまっているので、いきなり締めの購入予定表に行ってしまいます。
5/26 PS/スーパーロボット大戦α
5/26 PC/マリオネットカンパニー2Chu!(△)
5/26 PC/Natural Duo
5/26 PC/夜想夢(△)
5/26 PC/Maykick Online(△)
6/ 2 PC/もう好きにしてください(□)
 すっかり寂しくなってしまいました。今日は奈巳美の発売予定表も更新したのですが、確かに5月は最終週以外はあまり発売予定はないみたいです。逆に5月最終週はシーズウェアの再版品が山ほど予定に入っているせいで、49本とかいうとんでもない本数の予定が挙がっていましたが。ちなみに、6/2の予定に挙げている「もう好きにしてください」は、このバカっぽいタイトルだけに注目してます(笑)。実際に買うかどうかは完全に未定です。

2000/4/29(土)
 教訓、給料日直後の私にボーナスを与えてはいけません。
 今日は昨日できなかった買い物をする為に、日本橋に出かけました。先日まとめておいた、セガサターン、PC-FX、PCエンジンのゲームも処分しようと思い、これもコミケ紙袋(小)1杯分にまとめて持っていきました。既に現役でなくなった機種のゲームばかりなんで、ホントに小銭にしかならないだろうと思っていたのですが……なんと、37本処分して5万3000円強になりました。PC-FXやSSのギャルゲーが効いたんですかね。先日のコミケ紙袋(小)×2で5万5000円よりも明らかに単価が上がってますもの。
 で、最初の教訓になるわけです(笑)。ええ、買いましたとも。今日の入金分がマイナスになるまで(笑)。ということで、明日の週報の写真をお楽しみに。

 今日買ってきた、SUNTACのU-Cable/type P1を早速試しました。これはUSB接続でDDIポケットのPHSを接続してデータ通信をする為のモデム一体型ケーブルです。
 ドライバをインストールして、ダイアルアップのプロパティから使用するモデムをU-Cable/type P1に変更して早速インターネットに接続しました。……あれ、速くない……と思って、そういえばPHSデータ通信の場合は電話番号の後に「##2」等の指定を加えてどんな接続形式なのかを指定する事を思い出しました。なるほど、64K通信する為には##4を指定しないといけないのですね。ついでに、この64K通信はPIAFSで、普通のISDNのアクセスポイントは利用できないみたいなので、PIAFS対応のアクセスポイントを調べます。そして、もう一度チャレンジ……繋がりません。PIAFS対応とは書いてあるけど、もしかして64K通信に対応したPIAFS2.1に対応していないではなかろうか、と思い、色々調べているとどうもその様です。PIAFS2.1対応のアクセスポイントは全国共通のDDI POCKET MALを利用しないといけないようです。これは全国共通なのは良いんですが、別に料金を取られるみたいな感じなのでちょっと辛いですね。ともかく、実験なのでその電話番号を指定して接続しました。無事接続されました。そして、適当な大きめのファイルをダウンロードしてみます。おお!6Kとか出てる!!……喜んだのも束の間、少し経つと転送速度は32Kで接続した時と同じ程度に落ち着きました。あれれ、もしかして私の自宅はDDIポケットの電波のぎりぎりのラインなので通信用に2本の線を確保できないんでしょうかね。仕方がないので、今度出かける時にでもノートPCを持っていって試してみようかなあ。

 そして、やはり今日買ってきたSMART JOY PAD II for USBも試しました。これはプレイステーション用コントローラをPCに接続する為のUSBに接続するアダプタです。こちらはトラブルもなくすぐに利用できるようになりました。早速Queen of Heart 99SEをプレイしてみました。なんか、妙にメニューでのカーソルの移動がぎこちないような気がします。ともかくコモード芹香様を選択してゲーム開始です。使ったパッドはPS2付属のデュアルショック2だったのですが、問題なく動いています。ちょっと2段ジャンプが上手くいかないような感覚があります。……あれ、動かなくなりました。COMは動いているのでゲームプログラムがハングアップしたのではないようですが……あらら?また、動かせるようになりました……その後、ティリアを倒してクリアするところまでプレイしたのですが、5回以上は暫く動かせない状態になりました。動かせない時間はまちまちですが、大体5〜10秒程度。この激しいゲームでそれだけの時間、操作不能になれば充分死ねます。パッド1個分の値段で、使いなれたパッドが利用できるのだったらお買い得だと思って買ってきたんですが……ちょっと使えないかもしれません。

2000/4/28(金)
 さて、今日は強力なゲーム発売ラッシュの日だった訳ですが、前に書いたとおり新入社員歓迎会なる宴会に出席せねばならないために、今日は買い物に行けません。往生際悪く、江坂のT-ZONEやPIT ONEに行ってみたのですが、どちらもその手のソフト自体を置いていない状況でした。あ、正しくは後者はちょびっとだけ置いてます。ただし、定番も定番、エルフのゲームだとか「猪名川でいこう!!」だとか、「絶望」だとか(笑)。多分、売り上げランキングの上位に入ったものだけは置いてあるんでしょうね。さておき。そんな私を尻目に、各所の掲示板に続々と今日発売のゲームのインプレが投稿されだしています。ううう、辛い〜。辛い〜。……よし、これはみんながみんな、フライング発売のゲームをゲットしたという風に思いこもう!(笑)うんうん、みんなフライングしてるんですね〜、プレイ、早いですね〜(自己欺瞞)。

 実はまだあった、26日の買い物紹介です。
z000421g1.jpg z000421g2.jpg z000421g4.jpg
 MS IN ACTION!シリーズの第1弾だった、RX-78-2ガンダムです。前に買ったMS-06R2[J.R.]と違って各部に余裕があまりないので、ポーズの自由度が少ないように感じます。特にポーズの表情を大きく変える足の自由度が低いのが辛いですね。まあ、ガンダムのスタイルを崩さずにここまで動かせるようにしているだけでも凄いんですが。他に残念なのは、バックパックのビームサーベルが抜けない事でしょうか。別にここからちゃんとしたビームサーベルが出て欲しい訳じゃないんですが、オプションのビームサーベルやビームジャベリンを構えている時に、背中に残っているのが不自然なので。MS-06R2[J.R.]同様、背面もしっかり作り込まれていますし、1000円のおもちゃとしては十二分に楽しめるものではないでしょうか。

2000/4/27(木)
 昨日買ってきた、田村ゆかりさんと堀江由衣さんのユニット「やまとなでしこ」のマキシシングル「もうひとりの私」を延々聞いてます。3曲+カラオケの6トラックの構成です。内容は、一言で言うとポップでキュート、でしょうか。って、それじゃあ二言ですね(苦笑)。ボーカルと演奏のバランスもいいですし、曲自体もサビはそれなりに耳に残る曲ばかりですし。二人ともちゃんと歌えてますし、ハーモニーも気持ちいいです。絶賛できるほどではないにしろ、買って損したとは思わない内容なのではないかと思います。あと、特筆すべきは、3曲目の「ごきげんよう、かしこ。」という曲の途中に挿入されるかけ声や合いの手です。冒頭の「うぅ〜、いぇー!!」というのからして、田村ゆかりさんのキュートボイスが炸裂です。ちなみに「Woo...Yeah!!」ではなく「うぅ〜、いぇー!!」です。いや、歌詞にそう書かれている訳ではないんですけど(笑)。この曲は勢いもあって、歌詞も面白いので一番のお気に入りです。
 関係ないけど、この記事を書いている時に、タイプミスをしまして。どんなタイプミスかというと、
やまとでじこ
 やまとでじこ……うーん、ヤマトの波動砲の位置にでじこの顔がついていて、波動砲の代わりに目からビームで攻撃するんでしょうか(笑)。

 2度あることは3度ある、3度目の正直。今日もコーラを買ってきました(笑)。さて、結果は……37番、一応女性キャラみたいですが……心当たりなしなのでFF9のキャラなんでしょうね。しかも今回はクリアーのものでした。うう、結局見てすぐ認識できただけ、初日のバレットが一番マシだったのでは。一応、オチもついた(?)ということでチャレンジは止めます。難波のノアネットワークでシリーズ全品が展示(販売?)されてるのを見て萎えたというのもありますが(苦笑)。

2000/4/26(水)
 今日は帰りがけに、日本橋によって予約してあったカードキャプターさくらのLD・17巻を買ってきました。これのジャケット、いいですね〜。本放送時にクリティカルヒットした劇撮影時の袴のさくらちゃんが杖を持ってるという絵なんですが。爆裂ぷりちぃですわ。

 で、日本橋によって他に何も買わないわけがなく。いろいろ買ってきた訳です。まあ、明日明後日のネタのためにちょっと小出しにしますが(笑)。
 今、リーフファイトトレーディングカードゲームビジュアルファンブックを読んでます。「ビジュアル」ですから、てっきり見るだけで終わるかと思っていたのですが、カードのイラスト1枚ごとに担当イラストレーターのコメントが書かれてて結構読み甲斐があります。特に、あずまきよひこさんのコメントは他の人と明らかに芸風が違ってて非常に面白いです。例えば、大庭詠美のコメントに「あんた、漫画しか取り柄がないんやってな?俺から漫画を取ったら締め切りしか残らねえぜ。しかもとっくに過ぎてるし」とか、立川雄三のコメントには「番長の買った本は大ヒットするそうなのでそれを祈願して『あずまんが大王』を持たせてみましたが?」とか(笑)。って、よく見るとほんとに持ってる本が「あずまんが大王」だったりしますし(笑)。あと、綾香のコメントにひどく共感してみたり。トライアスロンの里見さんも瑞穂のコメントで登場してます(笑)。え、他の人のコメントですか。いや、他の人のはなんか普通過ぎる内容なので……

 昨日のバレットが悔しかったので、今日もコーラを買ってしまいました。最近は甘みが強く感じられて、ダイエットコーラだとか、ダイエットペプシだとかしか飲んでないのですが、やっぱりおまけが付くと違います(笑)。で、今日の物は……えーと、番号20番、なんかよーわからん無骨な兵士Aって感じの野郎でした。多分、FF9に登場するキャラなんでしょうね。うう、知ってただけバレットの方がマシだったかも。

 あれ、ラブひなの録画設定、ずれてる……1話を見た時に残り時間を見て、その分録画時間を削ったんですが……シビア過ぎてお尻が切れちゃいました。まあ、時間が時間なんで、見て間違ってる事が確認できたからフォローも出来るんですけど。

2000/4/25(火)
 今日、コンビニでコカコーラの500ミリペットボトルにおまけがついているのに気づきました。普段なら気にも止めないのですが、よく見るとこれってFF7〜9(?)のキャラのミニフィギュアなんですね。中身はぱっと見でわからないようになっていて、かなりの種類が用意されているようです。話の種に、と思い一つ買ってみました。私はFF8はプレイしていないので、FF7のキャラが出てくればいいな、あわよくばティファだったらいいな、と思って袋を破ると……期待通り、FF7のキャラでした。でした。が。……いきなりバレットは悲しいですよ(涙)。せめてもの救いは、これを集めてた同僚が喜んで引き取ってくれた事でしょうか。

 先日の即売会イベント「こみっくパーティ」で発売された「THE QUEEN OF HEART'99 Second Edition」を入手しました。私は前述のイベントには出ていないので、大阪の「虎の穴」での購入なのですが。
 まず、パッケージ。……だから、カードマスターピーチのコスプレは反則ですって(苦笑)。大体、ぱっと見てQoHのパッケージに見えないですし(苦笑)。
 そして、早速インストール。……すると、なんとセーブデータが上書きされて初期化されてしまいました(涙)。また全キャラ出すまでプレイしないといけないの〜。とか思って、CD-ROMを探すと「\omake\save_dat」というフォルダに「29キャラが使えるセーブデータ」と言うのが入っていました。ということで、このデータでセーブデータを上書きしてみたのですが……なんか、それでもシフトを押しながら選択するキャラが出ないですよ。私の愛する(笑)コモード芹香様がー。追加キャラの「不良初音」を自力で出さなきゃいけないのはわからないでもないんですが……
 訂正、シフトを押しながら選択という操作が省かれただけみたいです。4ボタン(デフォルトの1PならVキー)を押しながら決定でキャラを選ぶとちゃんとコモード芹香様を選ぶことができました。ありがたや、ありがたや〜。
 でもって、注目のネットワーク対戦機能です。会社のLANで試した時は、PCのスペックが悪かったこともあって30〜40fpsくらいしか出ず、快適に対戦できるとは言いがたい状態でした。ということで、自宅の100BASE-TXのLANで、実験をしてみました。結果は、最大61fpsで動作できました。このネットワーク対戦機能は、非常に細かくサーバー/クライアントの同期を取っているらしく、遅いPCと速いPCを繋ぐと遅いPCのfpsでゲームが進行してしまいます。うちの場合ノートPCの方が遅いので、当初は40〜50fps程度しか出なかったのですが、単独で起動して、オプションで余計な画面エフェクトをオフにしてから再接続すると無事に60fps前後の速度が出ました。さらに実験は続きます。LAN越しは動いて当たり前、ではインターネット越しならどうか。ノートPCからDTI Secondの大阪APにPHSのデジタル32Kで接続、デスクトップPCからはDTIの堺APにアナログ33.6Kで接続しました。そして、TCPでセッションを作成して接続してみると……遅い!!マニュアルにも、現在のネットワーク速度では6〜7fps程度しか出ませんと書かれていましたが、うちでは4fps固定でした(涙)。まあ、ISDN64K同士、もしくはそれ以上だったら(でも)7fpsということなんでしょうかね。どちらにせよ、普段60fpsで楽しんでいるゲームが30fpsになっただけでも遅くていらいらするのに、4fpsなんてインドの高僧でも投げ出してしまいますよ(笑)。結局1ラウンドを待たずに中断してしまいました。
 ところで、こうやって試している時に2回ほどフリーズしました。どちらも由綺が画面に登場していたのですが、もしかするとネットワークでの彼女の使用にはなにか問題があるのかもしれません。会社のLANでプレイした時は問題は出なかったので、もしかするとWindows95のWinsock、もしくはDirectPlayのバージョンが低いせいかもしれませんが。

2000/4/24(月)
 これ、コンパクトで非常にいいですね。こういうコンピュータにFreeUNIXをインストールして、ファイヤーウォールにするというのはいいかもしれません。ノートPCだとそういう役目をさせるにはちょっと高いですし。

 先週末に見たアニメの感想などをずらっと。
 「妖しのセレス」第1話。最初にヒロインのアップのカットで、「ああ、これはまさしく渡瀬悠宇(こんな漢字でしたっけ?)原作のアニメだ」と思いました。なんでも「ふしぎ遊戯」と同じスタッフだそうで、さすがに慣れてますね。お話的には引きがうますぎです。今回は原作を読んでないので、この先どうなるか非常に楽しみです。あと、岩男潤子さんのスカーレットをバックに流れるオープニングアニメーションは、皆さんもおっしゃってますがお茶の間で晩ご飯を食べながら家族と一緒に見られるものじゃないですね(苦笑)。
 「風まかせ月影蘭」最終回。今までも思ってましたが、色恋沙汰が絡んだおかげでますます「時代劇」になりましたね。結局最後まで、特にキャラの過去などに踏み込んだ描写はナシ。あくまで「風まかせ」に今を生きてる二人の物語なんですね。ホント、表現がアニメなだけで完全に時代劇でした。
 「ゲートキーパーズ」第3話。各キャラの過去とかは非常に重いものがあるのですが……結局このアニメってそのへんを押し出すシリアスなんですか、それともコミカルなんですか。今回のピアノコンサート会場での敵との戦いは、ステレオコンポ風の敵の顔のような描写のおかげでギャグにしか見えませんでした。新キャラの飯塚雅弓さん演じるボケお嬢様も、重い過去を持っている描写があって、しかもその思い出のピアノをぶち壊されたのに、あのノリでオチをつけるなんて……ホントわかりません。まあ、面白くない訳じゃないんですが。
 「だぁ!だぁ!だぁ!」第4話、でしたっけ。ワンニャーと実演販売とのバトルがイかす(笑)。
 「オーディアン」第3話。新キャラのお姉ちゃんの瞳の動きが恐かったです。あと、今になって気づいたのですが、主人公の上司の冷徹女の声優って桑島法子さんなんですね。最初に彼女のミスマルユリカを聞いた時は、まさかこんなに芸幅の広い人だとは思いませんでした。
 「ラブひな」第1話。原作は知りませんが、女の子達は可愛く描かれてるのでいいんじゃないでしょうか。主人公の妄想シーンが多すぎる気もしましたが、それはヒロイン達が未登場だったための場つなぎ的な部分もあるでしょうし。ところで、なんか小難しい事をぶつぶつ言ってる爺さま達は何者なんでしょう。こういうキャラはもうちょっと濃くして「ツッコミを入れるキャラだ」とはっきり視聴者に認識させてほしいのですが。今のままだと無気味なだけで、全体の雰囲気に全く合ってません。
 結局なんだかんだ言って、自分で民放から録画してるのが4番組、友人からBS録画ビデオで調達してもらってるのが4番組と結構な量になってます。でも、今までみたいに絶対的に楽しみな番組があるわけじゃないんですよね。ちょっと寂しいかも。

2000/4/23(日)
 今週の衝動買い週報です。CD/スカーレット/岩男潤子、CD/Eternity/135、コミック/フルーツバスケット・5巻/高屋奈月、コミック/祭事の乙女達/森見明日、ハード/ALR/JORDAN Entry S(スピーカー)、以上です。ゲームは買ってないのに、結構な買い物になってしまってます。
 岩男潤子さんの「スカーレット」は、WOWOWで先日放送が始まった「妖しのセレス」の主題歌です。特にアニメの主題歌だからといって作風は変わっておらず、最近の彼女のアルバムと同じ感覚で聴くことができました。
 135の新譜(?)Eternityは、不意にショップの「い」の欄を眺めていて見つけたものです。このアルバムからレーベルと共に、レコード会社が変わってますね。とはいえ、内容は今まで通り安心して聞けるモノです。まだそれほど聞いていないのですが、インパクトがあったのが「出張のうた」です。「明日は出張、楽しみな夜です」というアカペラから入るこの歌ですが、遊びすぎて失敗を重ねて「明日は出張、戻れない旅です」と締められます(笑)。なんか、社会人の悲哀を描いてますな(苦笑)。
 コミックはどちらもまだ読んでません。ちなみに後者は成年指定はないですが、H描写のあるコミックでして、なんでこれを買ったかというと……表紙、というか、タイトルが示すように巫女さんのバイトをしている女の子達が主人公だったからです(笑)。なんか、前にもこんな衝動買いをしたような気がしますが(笑)。
 スピーカーについてはもうさんざん書いたのですが、今はPCからの出力を変な風にジョイント(PC→ミニジャックジョイント→AVセレクタ→マイクロコンポ)してこのスピーカーで聞いてます。やっぱり同じ曲をCDとmp3で聞き比べると、辛いですね。スピーカーがよくなった分余計に差を感じるようになりました。

 今日はまたまたPERSIOMをプレイしてました。やっとこさ、100階を越えたのですが……いいかげん、だるくなってきました。ということで、改造ツールを捜し回ったのですが……最近はプロセスメモリエディタが発達したおかげか、逆にセーブデータの暗号化が発達したためか、単独のセーブデータ改造ツールって少ないんですね。見つかるのはプロセスメモリエディタ、例えばExStandの改造コードとかばかりです。ともかく、ExStandとコードを用意して試してみたのですが……なんだかうまくいきません。複数のコードを見つけてきて試してみたのですが、結局全滅でして、改造はあきらめたのでした(弱い)。
 それで勢いが削がれて、何をやり始めたかというと、プリンセスメモリーだったりして(笑)。レビューを書く前に一応ポーニィとサリアンのエンディングも見ておこうと思いまして。これも、スペシャルで30レベルスタートするに飽き足らず、先程ついでで見つけた改造ツールを駆使してのプレイでしたが(苦笑)。おかげで通しプレイで8時間以上かかったこのゲームを、3時間弱でクリアできました。感想は……やっぱりこのゲームって全般的に薄いです。前にも書きましたが、最低でもこの倍はイベントが欲しいです。

 店頭でさかんに流れていて気になっていたのですが、いまだに見ていなかったE-LOGIN5月号付録CD-ROM収録の「まじかる☆アンティーク」のデモを見ました。いやー、やっぱり細かい所まで気を使ってます。ショップ背景のスクロールなど、あえて容量のでかくなる斜めスクロールをさせてる所なんてこだわりですよね。多分、ゲーム中のデータとしては不要なものでしょうから。唄も雰囲気にあってるかどうかは置いておいて、単品ではサビの部分が印象深い、いい感じの仕上がりですし。後はバグが多くない事を祈るのみですかね(笑)。
 ついでに、やはりまだ見ていなかったLove Mateのデモも見てみました。ベンチは音楽あり/なし共に53でした。ちなみに、システムメモリは*使わない*設定にしています。使うと、メモリが足りてるはずなのに、システムメモリにテクスチャを置くのか、ベンチの結果がずいぶん悪くなりました。ちなみに、デフォルトでは「システムメモリを使用する」になっているので、16MB以上くらいの容量を持ったビデオカードを使っている人は「使用しない」設定で試してみると結果が良くなるかもしれません。さておき、内容は……どうなんでしょう。さわりの部分の説明があるのですが、非常にありきたりです。ただ、絵が奇麗だという部分はミンクらしくきっちり押さえていますので、そのへんを中心に期待でしょうか。あと、どんなゲームもただのアドベンチャーにはしないミンクですが、今回もメッセージウィンドウの左上にゲージらしきものがありますね。この辺をデモできっちり説明して欲しいように思うのですが。ちなみに、これと「せんぱい」とどちらを買おうか悩んでます。

 さて、衝動買い週報です。
4/25 PC/恋ようび(△)
4/28 PC/行殺・新選組
4/28 PC/Aries
4/28 PC/まじかる☆アンティーク
4/28 PC/LOVE MATE 恋のリハーサル(△)
4/28 PC/せんぱい(△)
4/28 PC/花霞(△)
5/26 PS/スーパーロボット大戦α
5/26 PS/マリオネットカンパニー2Chu!(△)
5/26 PC/Natural Duo
5/26 PC/夜想夢(△)
5/26 PC/Maykick Online(△)
 5月末の予定が入ってきました。いつものように固まってます。とはいえ、今月末のように確定が3本あって、さらに気になるソフトが山ほどあるという状況ではないぶん、マシかもしれません。とか言ってると、さくさくこの日に気になるソフトが流れてきたりするんですけど。一番の問題は、5月中に予定がない事です。ないと逆に衝動買いの欲望が暴走して、余計なものを買ってしまいそうな……

2000/4/22(土)
 昨夜は、午前4時前まで某巨大BBSのログを読んでいたので、今日はちょっと疲れを引きずってます。何について読んでいたかというと、昨日書いたハンドルネームの事です。とにかく、みんな怒ってます。大体、作品と非営利のハンドル名が重複したら改名要求を出す、なんてやってたら「さくら」なんてどうなるんですか(笑)。お金が絡んでる「さくら」だけでも、さくら銀行、さくらインターネットサクラネットワーク、カードキャプターさくら、サクラ大戦、んでもって声優の丹下桜さん。あ、丹下桜さんが長期休業に入ったのは実はその関係ですか?(笑)さらに、サクラネットワークも社名変更してますね。うーん、実はどっかで暗躍してるんでしょうか(笑)。

 今日は、ガイアマスターとPERSIOMを遊んでました。
 ガイアマスターは、毎面きっちり楽しいですね。けいじばんでティアラ姫の特殊能力が強すぎとか書きましたが、結局各キャラの個性として特殊能力を持ってますから、場面ごとにそれぞれのキャラは強力過ぎる側面を持っています。例えば、ランダムで攻撃力2倍とか、ランダムで出費を踏み倒せるとか、逆にランダムで倍額ゲットできるとか。運の要素が強いといえば強いのですが、それはCOM相手ならある程度はテクニックでカバーできますし。じりじり自分の土地を増やして相手を破産に追い込むというのは楽しいものです(笑)。
 逆にPERSIOMは、すでにかなり惰性モードに入ってます。最初のうちはダンジョン部分も面白かったのですが、潜っても潜っても敵が強くなるだけで代わり映えがしないので、すでにイベントの間のスキップできない障害に過ぎなくなっています。雑誌記事で、一人クリアした後はダンジョン部分をすっとばしてシナリオだけ楽しむモードがあると聞いて、その時は親切だな、と思ったのですが、もしかすると開発の人間もそれがないと最後までやってもらえないと危機感をいだいたから、そのモードを付けたのかもしれませんね(苦笑)。
 あ、でも今日のプレイで一つだけ受けた事がありました。アリスソフトおなじみのモンスター「ハニー」の新種なんですが。「ヒゲハニー」というのが登場しました。もちろん「∀ハニー」です(笑)。あの形のヘルメットをかぶりちゃんと額にはターンXと共振していた時に表示された記号が刻まれ、ハニーフラッシュまでその記号の形でした。いいのか、これ(笑)。サンライズが見たら怒るぞ(笑)。

2000/4/21(金)
 今日起こったショックな出来事。結局いつぞや書いた、新入社員歓迎会は28日に行う事になりました。仕方がないので、28日発売分のゲームで購入を完全に決めている「まじかる☆アンティーク」「Aries」「行殺新選組」をいつものヤマギワソフトに予約しにいきました。そして紆余曲折あって、店員に予約するソフト名を告げました。前の二つは問題なく処理されて、そして「行殺新選組」の番です。店員が端末で調べます。調べます。「……すみません、うちではこのソフトは扱っておりません」……なんですとー!?私を中心に無駄に話題沸騰中の注目バカゲーである「行殺新選組」を扱っていない!?ううう、もしかして入手困難なんでしょうか。まあ、その為だけに土曜日に日本橋に出かけるつもりですから、命懸け(笑)で捜索活動しますけどね。

 こんなニュースを見て。いまだにNECが全体でトップシェアである事に驚いたり、それを追い落としたのが最近ではソーテックのおかげでか、ずいぶん影の薄くなった富士通だというも驚きです。やっぱり、私の視点が偏ってるんでしょうね。私は自作こそしませんが、基本的にBTOできるオンラインショップが主な購入検討の場ですし。どんどん変わってるようで、案外変わっていない部分もあるんだなあ、と思わされたニュースでした。

 緊急に追加です。ヘッドラインだけは読んでいて、内容までは知らなかったのですが、こんな出来事があったみたいです。この、木城ゆきととか言う人、思い切り狭量ですな(苦笑)。最後に「あなたのインターネット活動を妨害するつもりはありません」とか書いてますが、思い切り妨害してるっちゅーねん(笑)。「健全な活動をなさるようお願いします」って、健全に活動してたところに健全じゃないいちゃもんを付けてきたのは自分やないか(笑)。
 さておき、例えば「木城ゆきと」という名前を使用禁止とすると書いてます。重複するのが嫌なら本名を名乗れと言ってます。なら、他に本名が「木城ゆきと」という人がいたらどうするんでしょうか。それでも「使うな」って要求するんでしょうか?いや、してもらわないといけませんよね。あと、「銃夢」の海外での名称が載っていますが、この名前を使ってる外国人にもきっちり全員に抗議のメールを出してもらいたいものです。そこまでやるんなら、本物です。すげー嫌な本物ですけど(苦笑)。とにかく、メールの偉そうな文面や要求の理不尽さ、何から何までむかつきました。
 こういう負の感情しか見えないような文章を公開するのって好きじゃないんですけどねえ。ちょっと今回ばかりはインターネットを利用している方々それぞれにいつ降りかかるかわからない問題ということで、取り上げさせてもらいました。

2000/4/20(木)
 今日の午前4時頃に、まさに「轟音」という形容がふさわしい、すさまじい雷鳴が轟きました。今まで生きてきて、こんな凄い雷を見た(聞いた)のは初めてです。それ自体は10分程度でおさまって、再び眠りについたのですが……出勤するために地元の駅に出た時に、それの影響を思い知らされました。信号が故障して、電車が動いていないのです。おかげで、駅改札からバス停までの間は凄い人ごみで、延着証明を貰うだけでも一苦労でした。電車自体は一応動き出していて、でもダイヤ通りには動いていなくて、という状態でしたので、すぐに乗れたのですが、それはもうすさまじいすし詰め状態でした。

 昨日、がちゃがちゃスピーカーやその他の機材を動かしている時に、PC用のスピーカーを落としてしまいました。重さ自体はそれほどではないので、その時は気にせずに作業を続けたのです。そして、PCを操作している時に気づきました。落としたスピーカーから音が出てないのです。慌ててケーブルの接続を確認したのですが、変化なし。うう、もしかしてこれが機械のやきもちって奴でしょうか。いや、落とした私が直接の原因なんですけど(苦笑)。まあ、それほど高い物ではないので、新しいのを調達するのもそんなに辛くないんですけど……仕方がないので、新しいスピーカーでも探すか、とヤマハのページを見ていて良さ気な機種を見つけました。
 そして今日、会社から帰ってきて念の為にもう一度チェックしてみると……問題なく音がなってるじゃないですか。あらら?さっさと乗り換えるとみて慌てて手のひらを返したのでしょうか?(笑)ともかく、余計な出費はしなくて済みそうです。

 とか書いてると、KENWOODのマイクロコンポのCD再生が異常に音飛びするようになったりして(涙)。あああ、なんでこんなに集中しておかしくなるの〜。ついでに私もおかしくなるぞ(オイ)。

2000/4/19(水)
 ブラボー!フロントローディング!!前のスピーカーがどいて、ずいぶん器材の置き方がすっきりしたのですが、今日、スピーカーに60円インシュレーター(笑)をかましている時に気づいたのです。今の配置ならプレイステーション2を据え置きにできる、ということに。早速挑戦してみると、ちょっと右側のでっぱりの分だけ、下においてあるMDプレイヤーより大きいのですが、無事に置けました。先日買ってきたAVセレクタの後部にプレイステーション2の出力を入れて、すぐにビデオと切り替えられるようにして完成です。おお、最初からサイズを計ったかのように奇麗に収まりました。こうしてプレイステーション2を常時接続しておける事で、より気軽にDVDが見られるようになりました。めでたいことです。

 最近やたらとSPAMが届くようになりました。大体週に5通から10通くらいでしょうか。今年頭くらいなら、月に5通あるかないかだった事を考えると爆発的な増加です。よりによって、@manbowの転送メールアドレスまでSPAMのリストに登録されてるみたいなんですよね。私はあんまりメールのやり取りはしてませんから、重要なメールが埋もれて困る、と言うような被害にはあってないんですが、非常にうっとうしいです。届くSPAMはほとんど表題から本文まで全部アルファベットのみですから、フィルタをかけて英文のみのメールは受信箱で削除、とかできると便利なんですけどね(笑)。残念ながら、DTIのメールサービスもBecky!もSPAMフィルタの機能はありませんので、ちまちま手動削除していくしかなさそうです。

2000/4/18(火)
 スピーカーその後。適当にジャンルの違う音楽を鳴らしてみました。といっても2種類ですけど。
 まずTHE ALFEEのアルバム「orb」。もともとがちゃがちゃした音だなあ、と思っていたこのアルバムなんですが、それぞれの音がはっきり分解されて鮮明になりました。曲自体は相変わらずがちゃがちゃしてますけど(笑)。ちょっと低音が弱いかな、と思って普段は全く使わないバスブーストを設定してみました。……奇麗に低音増強されるじゃないですか。今まではこのマイクロコンポのバスブーストは、なんか下品に中低音の辺りから下をごっそり底上げするような感じがしていて使っていなかったのですが、細かい音がはっきりしたせいか、うまく欲しい音だけが増強されるようになりました。
 もう一つは、「井上喜久子クラシック」。これは喜久子お姉ちゃんの作曲した曲をクラシックアレンジしたアルバムで、アコースティックな楽器のみで演奏されています。これもやっぱり同じく各楽器の音がくっきりしました。各楽器がどのへんで演奏されているか、というのがはっきりわかるようになりました。あと、ストリングス系の音が格段に気持ちよく響きます。「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」のフレーズを交えた、弦楽四重奏である「井上喜久子クラシックII」のトラック8は、すごく豊かな響きが心地よいです。
 ホント、想像していたよりはるかに音楽を聴くのが楽しくなりました。なんかこうやって歴然とした効果を見せられる(聴かされる)と、にわかにオーディオマニアと化してしまいそうで恐いです(苦笑)。後押ししてくださる方もいらっしゃいますし(笑)。

 ビデオと違って身近なところでないせいか、それともまだみんな知らないだけなのか。ともかく、また東芝さんはやってくれました。前のビデオの時と違って、今度は人の命がかかってる問題ですから、正々堂々と非を認めるなり反論するなりして欲しいものです。

 最後に先日見たアニメの感想などを少し。
 ∀ガンダム最終話。最後の方で話がごちゃごちゃになってしまって、結局うやむやに終わってるような気がします。結局ムーンレイスと地球人は共存できるようになったんでしょうか。なんだか、最後の大ボス、ターンXとギンガナムを倒してめでたしめでたし、みたいに締めちゃってますけど。ただ、この最終話、初代ガンダムのオマージュとしては面白いですよね。∀が大破させられ、ターンXが頭だけ脱出するのはガンダム対ジオングの戦いを彷彿させますし、その後のロランとギンガナムの剣での戦いはやはりシャアとアムロの剣での戦いを思わせます。最後にロランは身近にいた(?)自分を慕ってくれていた女性(ソシエ)を振ってしまいますが、これはアムロとフラウ・ボウの関係を想像させます。まあ、それらはともかく。全体を通して面白いところは一杯あったのに、最後の辺りが詰め込みすぎだったおかげでよくわからない、もったいない終わり方をしてしまっていると思います。
 サクラ大戦第2話。第1話は見そこねてしまいました。2話らしく早速作画が崩れてるんでしょうか(苦笑)。なんか、画面全体が水彩っぽくなったまま進行するシーンが多くて、変に思いました。光が強くあたってる演出だったのでしょうか。私は見た瞬間、フォーカスの甘さから回想シーンに入ったものだと思いました(笑)。お話的には……私はサクラ大戦ってどちらかというと、コメディ色の強いイメージがあったのですが、なんだか嫌な描写が多いですね。
 コレクターユイ、新シリーズ第1話。大きなお友達ターゲットロックオンの、変身バンクの嵐(笑)。なんか前にもまして胸が強調されてるような気がしますが(笑)。お話的には前シリーズと同じような感じですね。ところでオープニングで「ぷりぷりおねーさん」ことフリーズの姉御がサングラス(?)を外していますが……なんか果てしなく今までのイメージにあわない垂れ目でした。まあ、どうでもいいんですけど。

2000/4/17(月)
 今日は有給休暇をいただいてました。まあ、いつものごとく旅行に行ったりなどという予定はなかった訳なんですが、充実した1日でした。

 まず、土曜日に整理して処分する予定だったCDとPS用ゲームを処分しに行きました。地元にも買い取ってくれるところはあるんですが、特にCDの方はマニアックなラインナップなので、普通の店に持っていってもたいした値段にはならないと踏んで、日本橋に出かけました。その量、コミケ紙袋(小)2杯分。ちなみに、PSゲームがコミケ紙袋85%分、CDがコミケ紙袋100%程度の量でした。でも、内容は相当古いものばかりだったので、あまり査定額は期待していなかったのです。ですが。CDが2万円強、ゲームが3万5000円強になりました。購入価格からすると10%にも満たない還元ですけど、期待以上の成果です。

 そして、ふと思いました。「スピーカー、現金で買えるやん。」もともと、今日はついでにカードでスピーカーの購入をしてしまおうかと思っていたのです。ということで、嬉しい予定変更に心も弾んで平日の日本橋を縦断します。そして、見かけたオーディオ専門店を端からのぞいてみました。いくつかの店で話を聞いてみると、先日候補に挙げていた、TANNOY Mercury m2はダメという事でした。試聴させてもらうと、確かにPC用のYAMAHAのスピーカーに慣れた私の耳には、パワフルな低音に他の音域がかき消されるかのように聞こえます。どうしようか、と思いつつも一応Mercury m2の値段を調べて回りました。その途中、2件でALR/JORDAN Entry Sを見つけました。これを試聴させてもらったところ、バランスの良い音が非常に心地良いのです。値札を見ると48000円。……今の所持金で買える範囲です。ちょっと交渉してみたのですが、税込み48000円までしか安くならないということ。そこで、同じくEntry Sが置いてあった隣りの店に行って値段を聞くと……税込み42500円。30秒(笑)考えて決断しました。色は、無難なボディが木目で網が黒の物がなかったのですが、そんなのは些細な問題です。
 で、Mercury m2だったら間違いなく宅配してもらったのでしょうが、Entry Sなら持ち帰れるサイズだということで、帰りも重たい荷物を持って帰ることになりました。しかし、そこは根性パワーでさらに歩いて逸品館で新しいスピーカーケーブルを購入します。とか言って、1メートル350円のものなんですけどね。
 持ち帰り、自宅で適当にセッティングしてみました。そして、ここ数ヶ月ほぼ毎日聴いている飯塚雅弓さんの「so loving」を再生しました。……ああ、音の深みや立体感が全然違う……ボリュームをしぼってもその立体感は全く損なわれませんし、大したものです。送信元が安物のKENWOODのマイクロコンポだとは思えません(笑)。これでしばらく、音楽を聴くだけで楽しめそうな予感です。

 買い物ついでに、先日ビデオ購入の際に問題になったDVDのマクロビジョンを回避するために、AVセレクタも買ってきました。これはゲーム屋さんで売っている、ホリのS端子専用の奴です。これはこのタイプのものとしては珍しく、入力端子が後2入力・前1入力という構成になっていました。常に配線しっぱなしならともかく、うちの場合はゲームはプレイしおわったら片づけてしまいますので、こういう形になっているのは非常にありがたいのです。これの実験もやってみました。当たり前ですが、問題なくマクロビジョンのDVDも視聴できました。

 その後、昨日の続きでinfinityのくるみシナリオを遊んでいて、たった今クリアしました。昨日も書きましたが。……やっぱこのゲーム、めっちゃ面白いわ。最初に優夏シナリオをプレイした時には、他のヒロインがメインになったら矛盾するんじゃないか、なんて心配したのですが、そんなことを忘れさせてくれるパワーがあります。他のシナリオをプレイしていて疑問に思っていた、遙とくるみの年齢差もこのシナリオできっちり説明してくれましたし。ゲームのメインのテーマではありませんが、キャラに「萌え」させてくれるだけのイベントや台詞もありますし。ホント、バグさえなければ「名作」と言い切って絶賛してたかもしれません。

2000/4/16(日)
 毎度おなじみ、衝動買い週報です。今週は、PS/ガイアマスター〜神々のボードゲーム〜、PC/PERSIOM〜約束の集う場所〜、PC/真・瑠璃色の雪〜ふりむけば隣に〜、本/リーフファイトトレーディングカードゲーム公式ガイドブック2000、以上です。
 ガイアマスターについては昨日の日記を参照してください。PERSIOMは今少し遊んでみましたが、アリスらしい「ゲームらしいゲーム」ですね。まだ把握しきれていない部分もありますが、結構楽しいですし、1フロアの単位が短いので細切れのプレイが出来るのではないかと思います。あ、選んだのはもちろんお姫様のミシェーラです(笑)。真・瑠璃色の雪はまだインストールしただけです。でもこのゲームってインストーラーがCD-DAを要求するのですね。いつものように仮想CDを作って、そこからインストールしようとするとうまくいかなくてちょっと驚きました。

 そういえば、トップページのアクセスカウンタが15万を越えました。これを記念して近日中にトップページとメニューページのデザインを変えようと思ってます。デザイン自体はもう考えてあって、素材の仕込みも終わってるんですが……もう少しお待ちください。

 今日はけいじばんに書いたように、infinityを遊んでいまして、遙と沙紀をクリアしました。初回プレイ時も思いましたが、やっぱりこのゲーム、面白いです。1回目は気が回らなかったのですが、注意深く各キャラの台詞を読んでいると、意味深だったり複線になっていたりする物があちこちにあります。あと、気持ちいいのは「繰り返し」をうまく使っている事ですね。遙シナリオの「そこで終わっていれば〜」というフレーズとか、優夏の「わたくし、たったいまものすごいことにきづいてしまいました」とか、同じく優夏の「班長って言っても権力者じゃないもんね」とか。印象深いフレーズや展開を2回繰り返す事によって、キャラの性格(口癖・行動)をうまくプレイヤーに見せています。もちろん、主人公がプレイヤーの操作を介さずとも、思い通りに動いてくれる事も「気持ちいい」事の一つなんですが。ともかく、近日中にくるみちゃんシナリオをクリアして、それからKIDに交換してもらう事にします。

 先日「皇帝陛下になろう!」の体験版が何故か届いたという話を書きました。昨日には、同じルートで「極楽VIPER PARADICE」というゲームの体験版が届きました。これは、名前からわかるようにソニアのVIPERシリーズのキャラを使ったすごろく(DICE)ゲームです。これ自体の中身はまだ見てないんですが、なんとなくピンと来ました。ずいぶん前に送られてきたインフェルノ、先日のアアルの皇帝陛下になろう!、そして、このソニアの極楽VIPER PARADICE。どれも、ソフ倫経由でない(ソフトバンクなどのメジャーな流通経由でない)メーカーのゲームなんですね。HOBIBOXから送られてきていますが、確かにこれらのソフトを扱っているのはHOBIBOXで、それらが売れて追加発注などがあると確実にHOBIBOXが得をします。どこから住所を入手したかは相変わらず謎ですが、ともかくこれまで送られてきた体験版とこれから送られてくるであろう体験版の共通点がわかったように思います。

 さて、購入予定表です。
4/20 PC/レイ・クライシス(□)
4/21 PC/リトルウィッチパルフェ2・ハートフルメモリーズ(□)
4/21 PC/さくらんぼステーション(□)
4/25 PC/恋ようび(△)
4/28 PC/行殺・新選組
4/28 PC/Aries
4/28 PC/まじかる☆アンティーク
4/28 PC/LOVE MATE 恋のリハーサル(△)
4/28 PC/せんぱい(△)
4/28 PC/花霞(△)
 5月頭から第3週くらいまでの予定が全く入ってきてません。本を読まずにウェブ上の情報だけを頼りにしているせいなのかもしれませんが。そんな感じで押し出されて短くなる一方のリストです。ある意味、2週間分の予定なのにこの長さというのが逆に間違っているような気もします。まあ、今週は□ばかりなんでまとめてパスしちゃおうかと思ってます。

2000/4/15(土)
 今日は、貯まりに貯まっていたコンシューマゲームやCDを大整理してみました。ついでにその付近の大掃除、みたいな感じになって、結局全然使ってないのに大事にしまわれていた昔のカセットテープや同じく最近ほとんど使っていないMOディスク等も捨ててしまいました。MOディスクは消せばまだ使える物だったのですけど、やっぱり使わないものを置いておくのは場所がもったいないので……さておき、CDとコンシューマゲームも中古屋に売りに行く奴、残しておく奴をより分けました。CDもゲームも「こんな古いの売れるんか」とか思うような物がほとんどなんですが……まあ、置き場所が減らせて、いくらかの小銭にでもなればいいか、とか思ってます。ところで、同じく置き場所がなくなってしまったサターンやPC-FXのゲームなんですが、これらってまだ中古屋で引き取ってくれるんでしょうかね。ダメなら、ネットオークションにでも出品しようかと。さもなくば、この場で読者プレゼントにしてしまうとか(笑)。

 それが片づいた後、掘り出した懐かしいCDを聞くべくmp3化(笑)していました。同時に私はPSで、先日買ってきたカプコンのガイアマスターをプレイしていました。このゲームはファンタジー風の舞台を使った、モノポリー+カードゲームです。難しいのかな、と思いつつもマニュアルを見ずにプレイし始めたのですが……面白いです。ストーリーモードは少しずつ難しくなるようにバランスが調整されていて、他のプレイヤーの動作がほとんどまる見えなので、COMの見せたテクニックを真似しながらゲームに慣れていく、ということが容易です。また、自分のマスに建物を建てる事によって、そのマスをイベントマスにしたり戦闘マスにしたりできるというのは、非常に面白いアイデアです。これによって、かなりサイコロ運をテクニックでカバーできるんですよね。まだ4面終了したところまでしか遊んでいませんが、かなり熱中してしまいました。
 ところで、このゲームは結構キャラが立っています。購入前に見た雑誌記事で変身プリンセス「ティアラ」が気になっていたので、早速彼女でプレイを開始したのですが……なんと、彼女のCVは矢島晶子さんだったのです!矢島さんのもっともクリティカルなお上品ボイスで、ささやくようにしゃべられるともうなんだかたまりません(笑)。キャラセレクトした時点で「好きよ…」とか言われて身もだえてしまいました(笑)。

 プレイステーション2のアメリカ発売はこの秋だという事なんですが、これに通信機能やハードディスクを標準で装備して発売する予定だ、というニュースが入ってきました。向こうではすでにケーブル網が普及しているから、ということらしいです。これだと、先行しているドリームキャストはともかくX-Boxは勝ち目なさそうですね(苦笑)。まあ、アメリカのことはどうでもいいんですが、そういうことならさっさと日本のPS2にも通信できるオプションやHDDを発売して欲しいですね。

2000/4/14(金)
 さくらの季節ということで、うちの会社にも少ないながら新入社員が入ってきました。そうすると「新入社員歓迎会」というのがあったりする訳なんですが……よりによって、私にとってとても重要な4/28(笑)にやらなくてもいいじゃないですか。最初、4/21の予定だったから快くOKしたのに……楽しみにしていた行殺新選組の入手が1日遅れるなんて。

 リーフファイトTCGオフィシャルガイドブック2000を買ってきました。ここのカードテキストの解釈や他のカード、能力と組み合わせた場合の効用について考えるBBSを見ていて、あまりの複雑さにかなりプレイ意欲を減退させられていたのですよね。あ、そのBBSが悪いって意味ではないですよ。そして、前述の本を買ってきました。「これを読んでわからなかったらもういいや」という様な感覚だったのですが……やっぱりリプレイを読んでると楽しいんですよね。もうちょっと頑張ってみるかな。サンプルデッキとしてエキスパンションカードを使った物も載っているので、このへんを使ってシミュレーションする事にします。あと、関係ないけどあずまきよひこさんの4コマが2編載っていました。これがちょっと嬉しかったですね。ところで今気づいたのですが、「手作り弁当」のカードの記述、イラストレーターではなくクッキングになってますね。ということはこれってこういうお弁当を作って写真に撮ってレタッチしたものなんでしょうか。

2000/4/13(木)
 先週だか、先々週だかのファミ通のガンダムコーナーにMS IN ACTION!の新作が紹介されていました。ジム&ボールやΖガンダムはいいでしょう。でも、ビグザムは……動かして嬉しいですかねえ(苦笑)。ところで、ぱっと写真を見た時は「ビグザムなんか動かしても面白みが少ないし、大体他のモデルと同じ大きさだったら価値ないやん」とか思ったのですが、実はこのビグザム、ちゃんとすでに発売されている他のモデルと同じスケールで作られるそうです。写真を見ると……確かに並んでいるガンダムがビグザムの膝くらいまでの大きさに見えます。値段は5000円以内にしたいという事ですが、なるほど、ここまでボリュームがあれば価値がありますね(笑)。

 今日はDEAD OR ALIVE2のまだプレイしていなかったモードを一通り遊んで、レビューを書きました。これのレビューを書くにあたってプレイステーション2用のページを作るかどうかでまず悩みました。「これからの主力機だから、独立させた方がいいよなあ」とか思いながら、じゃあどういうファイル名にしようか、と現在のファイル構成を見ました。……ダメです。プレイステーションのレビューがgalps1.html、galps2,html、galps3,html……というナンバリングになっているため、プレイステーション2のページを今までの作法どおりに命名すると、それと重複してしまうのです。結局「まあいいか、どうせギャルゲーはあんまりでないだろう」とかころっと考えを改めて(笑)、プレイステーションのページに追記する事にしました。現状のまま進めて、プレイステーション2のレビューが10個を越えたら、その時にページ分割を考えます。

 今日もニュースをいろいろ見ていて、こんなニュースを見つけました。格好いいことを言ってますが、これって匿名公開プロキシですよね。個人的には、こういうところに個人情報が集中する方が恐いような気がするんですけど。例えば、ここを経由してどこかのサイトを見に行ったとしましょう。すると、見に行った先のサイトには自分の情報は行きませんが、アノニマイザには自分がそのページを見に行ったという履歴が残ります。どんなページをアクセスしたか、どんな情報を送信したか、全部残ります。……気持ち悪いですよね。こんな事なら、素直に各サイトに自分の情報が送られた方がまだましな気がするんですが……他のニュースでもアンケートの結果、「完璧なパーソナライズが受けられるのなら、個人情報の提供はいとわない」という傾向が大きかった、というのがあったはずですし。

2000/4/12(水)
 相変わらず、お金もないのに虎視眈々と(?)常時接続サービスを狙ってる毎日な訳ですが、こんなニュースを見つけました。FTTHは無理があるとかいって、ADSLだの無線だのが普及の兆しを見せてきた訳なんですが、これってまさしくFTTHですよね。うーん、10Mbpsで月1万円か……でも、結局基地局までの帯域ですから、その先のバックボーンが細ければあんまり意味がないんですけどね。

 仕事柄人事じゃないんですが、ネットRPGにはまる人々の中には熱狂的を通り越してしまう人も少なからずいるみたいですね。このニュースでは、ゲームデータの売り買いを禁止するというメーカーの通達が取り上げられています。しかし、ゲームのアイテム1個に1375ドルの値がつくんですね……他にも週刊アスキーのインタビューかなんかで読んだのですが、ウルティマオンラインのサポートには「○○の部分を××に修正してくれないと(現実世界の自分が)自殺します」なんていう脅迫めいた要求まで来るらしいですし。分別のある人ならこんな事にはならないのでしょうが、私の知っている範囲でもウルティマオンラインを始めてから外に出てこなくなった友人がいる、と言うような話も聞きます。ネットRPGは魔物、ということなんでしょうか。

2000/4/11(火)
ぱんぱかぱーん!!
 やりました!とうとう、この日記を「毎日」書くようになってから1年経ちました。我ながら頑張りました。いつまでこのペースが続くかわかりませんが、これからもこのまま頑張っていきたいと思います。

 今朝は寒かったですね。すでに4月ですから、当たり前のように薄着で外に出たら風邪をひくかと思いました。帰りがけには適当な気温になってたようですが。

 いつものようにニュースを見ていると、新しいウィルスの情報を見つけました。これなんですが……嫌なウィルスですね。家庭内LANを構築していて、しかもそれを一人で使ってるような人だと、かなりのドライブが共有設定になっているかと思いますが、そういう環境だとさくっと全滅ですね。多分、ダイアルアップのプロパティの「サーバーの種類」の「使用できるネットワークプロトコル」の「NetBEUI」がチェックされている場合に感染できるのだと思うのですが、これってデフォルトではチェックされてたはずなんで危険ですね。あ、これは私の予想なんで、これのチェックを外したら絶対にこのウィルスに感染しないという保証はないので注意してください。ただ、基本的にこのチェックは外していてもインターネットの各サービスを利用するうえで問題は起きないと思いますので、気になる方は外しておいたほうがよいと思います。

 ドリームキャスト版のカードキャプターさくらの発売を報じるニュースがありました。GAME SPOTみたいに濃い(であろう)人が書いてるのもちょっとアレですが、これみたいにニュースソースをきちんと確認してないニュースもなんだかなって感じですよね。何が問題かって、いきなりタイトルが「カードキャプチャー」になってるし、物語の主人公を「」だと言ってる事ですね。正しくは「カードキャプー」と「」です。

 リスキー☆セフティと鋼鉄天使くるみの最終回を見ました。どちらも、良かったです。前者は前の話で物語は終わっていて、エピローグだけだったのですが、地味ながら奇麗にまとめてくれました。後者は、お話しが始まった当初、あのオープニングからこんなハードなお話しが展開するとは思ってなかったのですが、それでも少しずつ方向を変える事によって、うまく最後まで飽きさせずに見せてくれました。これはD4プリンセスに欠けていた要素なんですよね。ただ、エピローグは後日発売されるDVDでって言うのがちょっと……(苦笑)
 アニメコンプレックスもこれで終わりということなんですが、もったいないですね。1話10分ということで、実験的な話の構成など、いろいろ見所がありましたし、何より他の30分アニメより見ごたえがあったのですけど(笑)。

2000/4/10(月)
 今日の昼ご飯はすごく早かったです。なんと、席に座ってオーダーして、30秒で物が出てきました(笑)。「日替わり」かく在るべし。

 さて、先程けいじばんに書いた、アアルの「皇帝陛下になろう!」の体験版を遊んでみました。序盤のシナリオとゲーム部分のみ遊べる体験版です。主人公は、皇帝陛下で人民臣下から慕われる、という事ですが、序盤のストーリーを見ている感じだととてもそんな感じじゃありません(苦笑)。なんというか、立場を使って好きかってやってるだけのえらそうな奴という感じですね。有能な臣下に支えられてるんでしょうね。ともかく、そのままメインのゲーム部分に進みます。なんというか、独特の戦闘シーンですね。それほど面白いとは思いませんが、ゲーム性もオリジナリティもあります。アアルって、コ・コ・ロの発禁問題でエロエロなものを作ってるところ、という認識は在ったのですが、こういうものも作れるんですねえ。ちょっと見直しました。CGは……ビジュアルシーンが見られなかったのでわかりません。フェイスウィンドウのCGは奇麗だと思います。ただ、このシンプルな戦闘で5つの国に勝利したら終わりなんでしょうか。鬼畜王ランスみたいなものを期待していたので、その点では期待はずれですね。まあ、これもお手軽で楽しそうですけど。
 鬼畜王ランスみたいなゲームというと、ゾンビーズパラダイムの「Doll Front」が近いみたいですね。いまいち絵が好みではありませんが、一応チェックしてます。感想もあまり聞きませんし、聞けても鬼畜王ランスには及ばない、という話みたいですが。

 ビデオの買い替えでいろいろインターネットを調べていたところ、こんなページを見つけました。こんな観点で家電製品を選んでいる人も世の中にはいるんですね……ちょっとびっくり。
 もう一つ、ビデオの話です。一昨日プレイステーションのS端子ケーブルの出力が表示されなかったという事を書きましたが、これはけいじばんの方で設定変更しないと使えないものだと教えていただきました。確かにメニューに「S入力設定」という項目があって、ここでL1〜L3までそれぞれに対してS端子を使うかどうかが設定できました。これを教訓にして、他に知らないことはないかとマニュアルを読んでいたのですが……「テレビ番組や他の機器からの映像の画質を調整する(3次元Y/C分離)」というメニューが目につきました。これを使えばプレイステーションのゲーム画面やDVDの画像が奇麗になるのでしょうか。ちょっと期待してプレイステーション2を接続して、本体の「3次元YC/DNR」ボタンを押してみました。……無反応です。確かリモコンのAVセレクトボタンを押していくとこれのメニューが出たかと思ったので、そちらも試してみましたがうまくいきません。おかしいな、と思ってTV映像のチャンネルにして同じ操作をすると……変化するじゃないですか。外部入力に対してはこの機能は使えないということなんでしょうか。でも、マニュアルの項目だと「他の機器からの映像」とありますから使えても良さそうなものなんですが。うーん、謎です。

2000/4/9(日)
 いつものように衝動買い週報からです。今週は、PC/プリンセスメモリー、PC/Pure Doll、コミック/おまけの小林クン・4巻/森生まさみ、コミック/GUNばれ!ゲーム天国・2巻/そうま竜也、その他/リーフファイトTCGエキスパンション、ハード/ビデオデッキ・三菱HV-BS89、以上です。

 今日は、起きてからずっとプリンセスメモリーをプレイしていました。で、さくっと終了しました。プレイ時間は12時間程度でしょうか。RPGとしては非常にぬるいです。回復アイテムが大量に手に入りますし、ほぼ1フロア毎に地上に簡単に戻るためのワープポイントが用意されています。まあ、ローグライクとはいえ、このゲームの場合は死んだらゲームオーバーな訳ですから、このくらいフォローがあってもいいかもしれません。物語の方は……これも非常に無難な流れだといえるでしょう。終盤の舞台(?)が蒸機なる動力を利用したスチームパンク風の機械文明なのもありがちです(笑)。
 しかし、ありがちでもボリュームたっぷりならそれなりに楽しめるのですが、このゲームはあまりにあっさりしすぎているような気がします。発表当初、ヒロインが3人しかいないのを見て、『ああ、ナチュラルみたいに人数を絞ってイベントを増やす方向に出たのか』と思いました。実際は、人数は少ないし、イベントも少ない、という非常に寂しい状態でした。しかも、メインヒロインのフィーリア以外の二人は、ものすごく影が薄いですし。
 ところで、このゲームは終了後のおまけメニューに「スペシャル」という項目があります。何かな、と思って選択すると……主人公がレベル30から始まるスペシャルスタートみたいです。プレイしていて、「1回終わったらデータを改ざんして他のエンディングを探そうかなあ」と思っていたのでちょっとうれしかったです(笑)。
 他に良かったな、と思ったのはエンディングのスタッフロールへの入り方と、スタッフロール中の演出ですかね。個人的に、こういうのって大好きです。全編このくらいの丁寧さでまとめてくれていたら良かったんですけどね。いえ、絵もシナリオも手を抜いているようには感じませんでしたよ。ただ、ボリュームが少なすぎるかな、と。
 あと、思った事を二つばかり。一つはHシーンについて。最近のカクテルソフトのゲームということで、ご多分に漏れず薄いのですが、ふと思いました。これが10年、いや5年前のゲームだったら、フィーリアの5つの分身(心)とのHシーンもあったんだろうなあ、と(笑)。もう一つは、先日ビデオを買いに日本橋に行ったときに、適当な店のゲーム売り場も見てみたのです。その時目に入ったのは、オレンジ地のプリンセスメモリーのパッケージでした。「アレ、俺の買ったパッケージってあんなデザインだったかな」とか思って家に帰って確認してみると……水色地のフィーリアのぱんつが見えてるパッケージって限定版なのですね。特殊なおまけとかが入ってなかったので、全く気づきませんでした。

 ビデオが使えるようになったので、やっと女神候補生の最終話を見ました。……どこが最終話やねん(笑)。何もわからない。というか、この後13話続きますって言われてもなんの疑問もいだかない流れでした。THE ビッグオーはまだ、一話完結的な作りだったので、あそこで終わりだと言われても、ちょっと気持ち悪いながら納得できましたが、これは完全に「打ち切り」終了って感じです(笑)。
 それと「だぁ!だぁ!だぁ!」の1話も見ました。なんというか、どこかで見たような展開ばかり、ですね(笑)。この先、どうオリジナリティを出してくれるんでしょうか。ちょっと楽しみです。

 購入予定表です。
4/13 PS/ガイアマスター
4/13 PC/PERSIOM〜約束の集う場所〜(△)
4/14 PC/真・瑠璃色の雪〜ふりむけば隣に〜
4/14 PC/檸檬〜影絵亭ノスタルジヤ〜(△)
4/14 PC/Snow Memoria〜忘れえぬ想い〜(□)
4/14 PC/あすは恋して〜Prime Beat Planet〜(□)
4/20 PC/レイ・クライシス(□)
4/21 PC/リトルウィッチパルフェ2・ハートフルメモリーズ(□)
4/21 PC/さくらんぼステーション(□)
4/25 PC/恋ようび(△)
4/28 PC/行殺・新選組
4/28 PC/Aries
4/28 PC/まじかる☆アンティーク
4/28 PC/LOVE MATE 恋のリハーサル(△)
4/28 PC/せんぱい(△)
4/28 PC/花霞(△)
 ゴールデンウィークのおかげで代わり映えしません。そればかりか、移動すらありません。心配なのは懐だけです。

2000/4/8(土)
 ビデオデッキに関するたくさんの情報、ありがとうございました。皆さんの意見を参考にして、結局操作性が良い三菱製のデッキで、予算内の値段と性能のバランスが良いHV-BS870にしようと思い、本日日本橋に出かけました。そして買ってきたのは……三菱のHV-BS89でした。HV-BS870の一つ上のHV-BS890、それの一期前の製品ですね。一期前とはいえ、上位機種ですからHV-BS870より性能は良く、お値段は型落ちなので36800円(税別)でした。同じ店でHV-BS870が32800円だったのですが、さすがに4000円の差なら性能のいいほうがよいだろうということで。あ、もちろん値切って、値段こそ下げてもらえませんでしたがビデオテープを3本おまけしてもらいました(笑)。まあ、ネットで見つけた最安値は29800円なんですが、同じラインの新機種が40000円を割っていないのを見ると、それなりに良い買い物だったのではないかと思います。

 そして、家に帰ってきて、早速接続しました。確認してなかったのですが、入力系統が背面2系統前面1系統の合計3系統なんですね。これはありがたいです。続けて、心配だったDVDのビデオ経由を試してみます。まず「複製不能」とだけ書かれている、「THE ALFEE Millennium Carnival」を再生しました。……アレ?全く画面が表示されない……音声は流れているのに。おかしいと思って、ゲームソフトを起動しますが、これも全くダメ。もしかして前面端子って背面との排他利用なのか、とか考えて背面にケーブルを接続するもやはり映らず。もしかして、と思いプレイステーション2の箱からコンポジット入力のケーブルを出してきて、これで接続してみました。……映るじゃないですか。つまり、最近の無理な接続がたたってS端子のケーブルが壊れてしまったのですね。……あうー、また余計な出費がー。気を取り直して、このケーブルを使ってDVDのチェックを行います。前述のTHE ALFEEのライブは問題なく表示されました。一応実験ということで、この状態でビデオ録画もしてみます。あれれ、前のデッキみたいに信号がおかしくなったりしない。そして、テープを再生してみると。奇麗に録画できてるじゃないですか。いいのか、三菱。ともかく、続けて「複製不能・マクロビジョン」の表示のある、「アイドル天使ようこそようこ・7巻」を再生してみました。あああー、これはマクロビジョンの症状です。赤成分に補色のブロックノイズが走り、信号も不安定で画面がぶれています。ということは、これからマクロビジョンのかけられたソフトを試聴するときは、AVセレクタをかまさないといけないということですね。うう、さらに出費……

 壊れたプレイステーション用S端子ケーブルを買おうかと思い、PLAYSTATION.COMを見てみました。……在庫ナシみたいですね。なんか品薄とか聞いていたのですが、これもまめに歩き回らないと行けないのかなあ。ところで、確かサードパーティからプレイステーションのマルチAV端子からS出力やコンポジット出力を取り出すコネクタボックスみたいな奴って発売されていましたよね。アレって、プレイステーション2にも問題なく使えるんでしょうかね。使えるのなら、こちらを買った方が安心して使えるように思います。

2000/4/7(金)
 最近仕事でJAVAの勉強をしています。まあ、基本的な文法はC言語に近いですし、VC++の様に難解な統合環境もありません。なら楽勝なのかというと……辛いです。せっかくJAVAを使うのにC言語と同じ様式で書いては意味がありません。いや、JAVAのプラットフォームに依存しないというメリットは活かせますから全くないわけではありませんが、もう一つの「オブジェクト指向」言語であることは活かせません。勉強していて思いました。私のプログラム開発時の思考はトップダウンなんです。しかもかなり行き当りばったりなのです(笑)。しかし、オブジェクト指向言語では、最初にプログラムに必要な末端の部品を設計して、それを拡張したり組み合わせたりして最後にメインルーチンを仕上げるという、ボトムアップ型の思考を要求されるんですね。何も考えずに一つのクラス(オブジェクト)にすべてのルーチンをぶっ込んだ、どうしようもないプログラムでよければある程度はすぐにでも書けると思いますが、思考の方向を切り替えるのはちょっと大変そうです。

 リーフファイトTCGエキスパンションが発売になりました。私も早速スターター2箱とブースター3パックを買ってきました。この数は、Ver.1の時の初回購入数と一緒なんですが、違うのはエキスパンションはすでにβ版カードを購入してほとんどの種類がそろっているということです。足りないカードは「エクストリーム」「塚本千紗」「大掃除」「攻撃一本槍」なんですが、果たしてどうなることでしょうか。まだ枚数は数えてませんが、エクストリームと塚本千紗は入手できました。やっぱり製品版はレアリティ設定があるおかげで激しく偏ってますね。β版5箱では5枚以上ダブったカードはなかったのですが、こちらでは2、3種類5枚ダブってしまいました。さておき、今回入手したカードでちょっとデッキのネタを思いついたので、それを組み立ててみたいと思います。

2000/4/6(木)
 そろそろ、桜が咲きはじめましたね。花見に行っても行かなくても、桜の下を歩くだけでなんだか楽しくなってしまいます。

 えーと、現在4/7の0時23分です。たった今ヘキサムーンガーディアンズが終了しました。結局最後までアドベンチャーパートに選択肢は現れず、かといってシミュレーションパートに分岐条件があるかというとそうでもなさそうで。単純に一本道のゲームって事ですかね。まあ、最後の方の展開は奇麗に流れていたので下手に分岐させてつまらなくなるよりはましだと思います。全10話構成で8話までは1話1.5時間、9話、10話は2時間ずつ程度ということで、大体16時間程度で終われました。
 全体の感想としては……分岐がないのなら全編アニメで見たかったところです。シミュレーションの戦闘部分はそれほど難易度の高いものではなく、どちらかというと作業に近いものでしたので、これだったらいっそゲームでなくしてもいいのでは、と思ったのです。全10話ですが、最後の2話は2話ずつに分けて全12話構成のアニメにするとか。あ、中身については十分楽しめました。前に書いた様に本来選択できる予定だったのに、選択できなくなった部分や、ヒロイン一人一人が切り替わって悲鳴を上げるシーンなど、冗長な部分も多かったですが、これらはほとんど「ゲーム」にするための弊害なんですよね。お話し自体は、お約束な部分も多いですが合体ロボット物として、充分に燃えるものがありますし、プリンセスたちとの学園生活なども楽しめました。オチも、一瞬おいおいとか思わされましたがきっちりハッピーエンドで終わってくれましたし。
 ところで、このゲームをプレイしている最中、たびたび立ちCGの読み込みを失敗(?)してトレイの出し入れをしなければなりませんでした。PS2でプレイしたせいなのか、私の購入したディスクが問題なのかわかりませんが、かなり頻繁だったので盛り上がるシーンなどで止まられて興醒めする事もしばしばありました。

2000/4/5(水)
 昨日のビデオデッキの話の続きです。こういう家電製品って頻繁に買い替えたりしないし、PCみたいに情報収集しているわけでもないので、全然知らなかったのですが、S-VHSのビデオデッキでも安いものなら実売2万円強くらいなんですね。なんか、その値段を見ているとすっかり買い替えの方向に思考が向いてしまいました(笑)。それでもって、値段は安くてS-VHSのデッキならいいや、とか思って探してたのに気づいたら最安より一段高い機種を調べていたり(笑)。一応、安いのならVictorのHR-S200で、ちょっといい奴ならやはりVictorのHR-VX100かな、と思っています。前者なら前述したとおり、2万円強から、後者なら4万円弱程度が相場みたいです。後者はどうも一期前の製品のようで、インターネットショップを見るかぎりあまり残ってなさそうです。でも、まあ逸品館で取り扱いされている商品ですから、それなりのクオリティはあるんでしょうね。ここを読んでる方で、何かお薦めの機種とか逆にお薦めできない機種などの情報をお持ちの方はぜひ教えてください。

 そういえば、久しぶりかもしれないカードキャプターさくらカレンダーのネタです。4月のイラストは……可憐だー(だじゃれ)。赤と黒で構成された衣装なんですが、ネズミをモチーフにしているようで、ネズミ耳やら尻尾やらがぷりちぃです。決して、ひざ上までのタイツ(ニーソックス?)とミニスカートの間の白い太もも、そしてそこを彩るおリボンに惹かれた訳じゃないです。ないんですってば。

 ビデオデッキだ、スピーカーだとなんだかいろいろ物欲がヒートしているのに、なんだか最近(また)ドメイン取得に目が行ってます。とはいっても、狙いはめちゃ安いcxドメインなんですけどね。ただ、安くてお手軽な分、シンプルな英単語や使いかっての良さそうな名前はあらかたすでに取られてしまっていますが。まあ、ちょっと工夫すれば欲しいドメインに似たものなら取れると思いますから、ちょっと頭をひねってみようかな。実際に取るかどうかはそれから考えようっと。

2000/4/4(火)
 昨日、寝る前にビデオを見ようと録画用のテープを取り出そうとしたら……取り出そうとしたら……取り出せん。いろいろがちゃがちゃやって、なんとか取り出したらテープが大量にケースに収まらない状態でびろーんとついてきました。ちょっと不安になりましたが、そのテープが悪いのかな、と思って、見ようと思ったテープをセットしました。が、見事にこのテープもまともに回りません。慌てて取り出すとやはりこのテープも絡まってしまいました。プレイステーション2やら、プロバイダの年会費、そしてその合間にスピーカーを買おうかと思っていた出費続きの私に更なる打撃です(涙)。今日、一応蓋を開けて中を見てみましたが、ほこりがたまって動作しないとか、そういう単純なものではないみたいです。よく見ると、テープを送るためのリールとテープを回すホイールを同期・連動させるためのプラスチックのギアの一つ、それの山が一ヶ所潰れていました。きっと、これのせいでリールとホイールが完全に同期しなくなって、テープがたるんでいくのでしょう。でも、原因がわかったからといって自分で直せるわけでなし。うう、修理するにしても新しいのを買うにしても今週末の∀ガンダム最終話は見られないかも……

 昨日書いた、まじかる☆アンティークですが。この紹介ページによると、あまりにも違和感のあるスリーサイズが記載されています(笑)。って、これは大人になったときのサイズなんでしょうね。でも、この数字だとかなりグラマーですよね。広告のイラストを見ると胸が薄そうに見えたのですが……あ、E-LOGINの記事の方に、大人状態のHシーンのCGとかが載ってますね。これを見ると確かにあの数字でも納得がいくかも。でも、昨日心配した子供状態でのHシーンもCGが載ってますな(苦笑)。

2000/4/3(月)
 E-LOGINの今月号を買ってきて、早速デモCDに入っていたAriesの体験版を遊んでみました。多分開発途中の素材まで突っ込んでしまったのだろう、という前提において。面白い!特に、アミの盆栽Room(紹介記事の呼称より)は、前作……じゃないや、RISEのななこル〜ムコンパチに見えますが、アミと直接会話ができたり、神様がやってきてめもちちゃんの対戦を挑んできたりと、面白い要素が詰まってます。ななこル〜ム同様、見てるだけでも楽しいですし。プロローグや他の二つのシナリオのパーツも、私たちの世界とは微妙に違っていながらも平和な世界をほえほえと描いています。それぞれのキャラが台詞で特徴づけられているのが、ちょっと弱いかとも思いますが、特徴がないよりはましですしね。
 ただ。ただ。前の段落は、この体験版の素材が「開発途中」のものを多分に含んでいると考えた場合の絶賛です。シナリオパーツ中に使われている各キャラの立ちCGは丁寧に塗ってあるものでも、背景と違和感を感じますし、明らかにジャギだらけで「これはスキャンして塗りつぶしただけだろう」と思えるようなCGもありました。また、一つのシナリオでは最後にスクリプトが変な風にループしてしまっていて、終了しないですし。まさか、とは思いますが。これらがそのまま発売されるようだったら、評価は落とさざるをえませんね。

 ところで、E-LOGINの他の部分はまだ全然見てないのですが、めくっているときに、まじかる☆アンティークの広告が目につきました。……スフィって成長するのね。魔法を使って一時的に、とかだと思いますけど。あの姿のままHシーンに突入しちゃうと引く人もいるだろうなあ、と思っていたので、まあ良しとしましょう。どちらにせよ、胸は薄いですが(笑)。

 今週分のおジャ魔女どれみ#(しゃーぷっ)を見ました。子供が見たら、お母さんというのは凄い人なんだな、と思う話。お母さんが見たら、自分に重ねて優しい気持ちを思い出す(再確認できる)話。どちらにせよ、子供向けアニメとして充分説得力があった話だと思いました。が、びっくりしたのはお婆ちゃん魔女のマジョリリカの声を井上喜久子お姉ちゃんが担当していた事です。話が終わって、クレジットを見て初めて気づきました。ファン失格です(笑)。いやー、あんまりこういう役って今まで演じておられませんでしたから。おしゃべりCD等では、おばちゃん、お婆ちゃん、少年などいろいろな声を聞かせてくれていたのですけど。でも、やっぱりこの役に抜擢されたのは喜久子お姉ちゃんが一児の母になったからだ、というのもあるのかもしれませんね。

2000/4/2(日)
 今週の衝動買い週報です。PS2/DEAD OR ALIVE2、PS/ヘキサムーンガーディアンズ、ビデオ/THE ALFEE Millennium Final in OSAKA、コミック/アーケードゲーマーふぶき/吉崎観音、以上です。
 DOA2、今日はレイファンの5Pコスチュームまでゲット。彼女のコスチュームは何だかあまりにも普通っぽくて、いまいちでしたね(笑)。もっと意表を突いて、私たちを「うひょー」と言わせてくれるような奴がほしいのですが(笑)。ところで、彼女も結構使いやすいキャラですね。まあ、後から使うキャラが使いやすく感じるのは、私がゲームに慣れてきたためなのかもしれません。あと、ストーリーモードをプレイする前に、スパーリングで技表を端から試しているのも大きいかも。ともかく、久々に格ゲーを楽しんでます。
 ヘキサムーンガーディアンズは、今少し、といっても6時間程度ですけど遊んでみました。オープニングが圧巻です。ギャルゲーのオープニングじゃありません。これはスーパーロボットもののオープニングです(笑)。ちょっと心を奮い立たせられて、ゲームスタート。展開は早く、ややこしい導入もなくさっさとロボット(ドルガイヤー)登場。CGが320×240ドット画面で描かれているために、かなり荒いのが難点ですが、絵自体は魅力的ですし、立ちキャラのアニメーションも単純なものでなく、面白い効果を出しています。会話のテンポもよく、面白い!と思ったのですが……なんだか先に進んでもアドベンチャーパートに選択肢が出てきません。つまりアドベンチャーパートとは名ばかりの存在なんですね。でも、話し中には所々に「どうしようか」等とプレイヤーに選択を促しているかのようなモノローグが挟まれます。たとえば、文化祭の自分の担当部署を3人のヒロインが所属しているそれぞれの班のうち、どれにするかを考えるところなどです。一般的なギャルゲーだと、ここで選んだ班に所属するヒロインのイベントが見られて、好感度が上昇して、エンディングに影響を与えるという風になるのですが。このゲームの場合、自動的に決定して話が進んでしまいます。そういうシーンをいくつか見ているうちに「これは最初は普通のギャルゲー的構成になっていたのが、時間が足りなくて、もしくは破綻して今の形になったのではなかろうか」とか思うようになりました。そういえば、2話以降、妙に話が冗長でシーンが飛び飛びに感じられました。これは出来上がっていた素材、本来なら選択の後見られる同じ時間軸のシーンなどを全てまっすぐに繋げてしまった結果なのではないか、と。
 シミュレーションパートも単純ではありますが、物理攻撃で敵(味方も)ふっ飛ばされてその先にいる敵(味方)にぶつかってさらにダメージを受けるところなど、巨大ロボットの味が出ていて面白いですし、アドベンチャーパートも前述したようにいいところはたくさんあります。が、やっぱりこれだけたくさんヒロインのいるゲームで「見てるだけ」というのはちょっと「ゲーム」として失格なのではないでしょうか。ただ、まだ私はゲームの半分も終わっていない状態なので、この先評価が激変する可能性もあります。
 長くなりましたが、続いてTHE ALFEE Millennium Final in OSAKA。これは昨日の日記に詳しいのでそちらをどうぞ。
 アーケードゲーマーふぶきは……不意に本屋で手に取って、開いたページが158ページだったのが運の尽きでした。こんなコマ、見せられたら買わなきゃいけないでしょう。このページはお話しの最終回のクライマックス(?)にあたるところなんですが……いやー、いいです。このページを見て期待したのはゲームセンターあらしのパロディだったのですが、まさかこんな展開になろうとは。最終話、最後のコマのふぶきの帽子を見てちょっとじーんとしてしまいました。
 関係ないけど、ゲームセンターあらし、あるいはこれを創られたすがやみつる先生って今のコンピュータ業界にかなり大きな影響を与えてるんじゃないかと思います。多分、私と同じ世代の方でコンピュータ関連の仕事をしている方のうち、かなりの方が氏の作品でゲームやコンピュータを初めて知ったのではないでしょうか。かくいう私もそうなのですが。

 カードキャプターさくら、最終回を観ました。結末を、さくらと小狼の恋の行方に焦点を絞っているのですね。コミックの方で明かされた、エリオルのもう一つの目的は結構自己満足入ってるというか、面白いけどひねくれた目的でしたからこれでいいんでしょうね。ともかく、コミックで明かされた目的が「ない」から、前の話で藤隆さんがエリオルの魔法で眠っていたわけです。でも、一応カードキャプターさくらは「魔法少女」のお話しですから、さくらの心情だけの結末では……と、思ってみていたら。なるほど。最後に全く新しいさくらだけのさくらカード、多分「恋(愛?)」を創造して魔法少女としての結末をつけたのですね。最後にはっきりさくらが「好き」と小狼に伝えなかったのもちょっと引っかかりましたが、「カードキャプターさくら」らしく奇麗にまとまったと言えましょう。
 ところで、私が借りたビデオは話は切れることなく収録されていたのですが、岩男潤子さんの朗読というのは全く入ってませんでした。うう、要求しておかねば。

 なんだか、すでにかなり長くなっているので、購入予定表に行きます。
4/ 6 PS/まぼろし月夜〜月夜野綺譚〜(□)
4/ 7 PC/Pure Doll
4/ 7 PC/プリンセスメモリー
4/13 PS/ガイアマスター
4/13 PC/PERSIOM〜約束の集う場所〜(△)
4/14 PC/真・瑠璃色の雪〜ふりむけば隣に〜
4/14 PC/檸檬〜影絵亭ノスタルジヤ〜(△)
4/14 PC/Snow Memoria〜忘れえぬ想い〜(□)
4/14 PC/あすは恋して〜Prime Beat Planet〜(□)
4/20 PC/レイ・クライシス(□)
4/21 PC/リトルウィッチパルフェ2・ハートフルメモリーズ(□)
4/21 PC/さくらんぼステーション(□)
4/25 PC/恋ようび(△)
4/28 PC/行殺・新選組
4/28 PC/Aries
4/28 PC/まじかる☆アンティーク
4/28 PC/LOVE MATE 恋のリハーサル(△)
4/28 PC/せんぱい(△)
4/28 PC/花霞(△)
 すでに5月や6月にも何本か予定はあるのですが、なぜか5月頭には全く予定がありません。って、ゴールデンウィークだから当たり前なんですね。しかし、結局4/7のラッシュはほとんどのソフトが翌週に流れるというとんでもない事になってしまいました。残っているのはプリンセスメモリーくらいです。発売日をずらさないのはさすがF&Cといったところでしょうか。逆に予定を早めて4/14に飛び込んできたアリスソフトは災難です。4/28程ではないにせよ、真・瑠璃色の雪やら檸檬は十分な強敵と言えるでしょう。まあ、メーカーの心配はさておいて、私の懐具合が心配です(笑)。一応、先週よりはレーティング基準をきつくしてみたのですが……

2000/4/1(土)
 今日はなんとなく充実した一日でした。午前中に起きて、病院に行って、山のようになっていた雑誌とコミックを片づけて、ついでにチラシや郵便物が散乱していた机の上も整理しなおして、THE ALFEEのライブ・ビデオを見て、DOA2を遊んで、奈巳美のデータを更新して。いつもの休日だと、昼過ぎに起きて、ゲームして、寝る、とまあなんと申しましょうか、ダメ人間まっしぐらというような時間の使い方をしているもので。やっぱり午前中に起きるのがポイントなのかなあ。
 あ、4月1日だからって、嘘じゃありませんよ(笑)。

 上記の通り、昨日買ってきた「THE ALFEE Millenium Final in OSAKA」を見ました。まずオープニングで……ええっ、1日目はこんな登場のしかたしたっけ!?……よく考えたら私は遅刻して、オープニングを見てないからそう思ったのでした(涙)。さておき、そのまま見ていると確かに注意書に「制作の都合上全コーラス収録されていない曲があります」となっているとおり、全コーラス収録されていない曲が結構多いです。が、驚いたのが、それらの全てが2番部分をカットしてつなげる事で短くしているのです。おかげでカットされている事があまり気にならず、のめり込むことができました。ところで、1日目の「重金属」表示の後に演奏された曲ってなにでしたっけ。ビデオでは「Count Down 1999」を演奏してるのですが、展開に違和感を感じなかったのです。まあ、それほどしっかり覚えているわけではないですが、でも私の記憶では1日目には「Count Down 1999」は演奏してないはずなので……そして、お楽しみの「なにわ3大テノール」のコーナーは……なんとクリスタルキングの「大都会」を高見沢と坂崎が歌ってます。その後「Stand Up,Baby」では高見沢の「飛び」も見られました。そして、最後の「ラジカルティーンエイジャー」。ここでは、ビデオならではの編集がなされています。過去のたくさんのライブ映像から同曲の同じフレーズを演奏しているシーンを繋げて見せてくれました。1000年代最後のライブを飾るにふさわしい映像です。でも……やっぱり生で見たかったなあ。
 ところで、ライブ・ビデオを見たのは久しぶりなのですが、やっぱり絵や音声はDVDに劣りますね。せっかくの記念映像なのですから、DVD版も作ってほしかったです。

 DOA2は、エレナとティナを2回ずつクリア。彼女達は追加コスチュームは1つしかないんですね。エレナは途中のデモに出てくる、ステージ衣装(真っ白なドレス)、ティナはエンディングのステージ衣装、それぞれポリゴンのデータがあるのですから、この辺だけでもカバーしてほしかったように思います。現在3人キャラを使ってみたわけですが、今のところ一番使いやすいのはティナですね。投げキャラなんですが、手も遅くないですし、コンボが使いやすいです。技の威力もカスミに比べると大きいですし。でも、カスミをメインに使うのは変わらないと思います(笑)。

メインメニュー
hugie@733x.com