1997/11/29(土)
z971129.jpg  久しぶりに衝動買い技能が発動しました(笑)。
 ・LD/でたとこプリンセス1巻
 ・CD/http://www.gfc-best.com
 ・PS/クライムクラッカーズ2
 ・Win95/初音のないしょ!!(通常版)
 ・Win95/時の国のエルフェンリート
 ・フィリップスのCD-Rメディア

 でたとこプリンセスは、コミックでは大のお気に入りでして、このアニメに先立ってドラマCDが発売されていたのです。これには1、2枚目にそれぞれ1曲ずつ、松浦有希さんが曲を提供しているのですごく興味があったのですが、ラピス役が宮村優子さんだと言う事で、パスしていたのですね。お気に入りの作品、気になる要素、さらにアニメ化と、コレだけ揃ってしまうとさすがに買ってしまいました。まだ見てませんが、ジャケットの裏を見ると作中の絵は結構奇麗なんで期待してます。

 今日は、頑張ってアザーライフ・アザードリームスを終わらせました。最上階まで昇ろうと決意した時の最高到達階数は30階だったのですが、気合いを入れて準備万端にして塔に突入しました。持っていったのは「金の剣+46」「ダイヤの盾+39」「キューン」「デスゲイル」「メタル」で、キューンにはカゼキリを合成して、魔力倍加を持たせて、デスゲイルにはサイクロンを合成して魔力節約を持たせ、メタルにはデ・ウォールを覚えたクラーケンを合成して反撃能力を持たせておきました。なぜこういう構成にしたかというと、途中で海の種を拾ってメタルを水属性にして3属性全てをカバーしようと思っていたのです。が、海の種は全然見つからず、でも防御力の関係で出しておいて安心なのはメタルだけ、ということでメタルが大活躍してくれました。デ・ウォールの風属性バージョン「デオ・ウォール」の協力魔法サンダーブレードが敵を金縛りにしてくれるので、最上階付近ではほとんど敵の反撃を食らわずに進んでいました。多分、このメタルだけいれば最上階まで昇れるでしょう。

 とりあえず、はまりゲーは片付けたので、他のゲームに進めますね。明日は、マイエンジェルでも遊ぼうかな。Piaキャロット2も全然進んでないし、クラクラ2も気になるし、初音のないしょの中身も気になるし、そう言えば戦巫女なんてのもあったな、エルフェンリートは案外1回起動すると時間がかかりそうだし……明日になってから決めよう……

1997/11/26(水)
 今日の20時の半ば頃に無事15000アクセスを達成できました。15000を踏んだのは……アクセスログによると大学生の方かな。リンクを辿ってきてくれた方だから、こんな所は見てないだろうなあ。

 私は、最新情報を手に入れる為に、いろいろなネットニュースを読んだり、メール配信を利用したりしていますが、先日から利用し始めたアスキーのA-Mail.yomというメールマガジンのコラムに印象深い言葉が載っていました。

「何を探し出して、何を見るか」ではなく、「何を見ないですませるか」

 現在の情報の氾濫に対する姿勢を示した言葉なんですが、まさしくその通りですね。必要のない情報に価値はないのです。自分のキャパシティに限界はないと言い切れる人ならいいんですが、私のような凡人だと、適切な情報の取捨選択をしないととてもじゃないですが、今の情報量にはついていけません。ただ、それが元で視野が狭くなってしまっても困るのですが。

 先日の日記の通り、「Piaキャロットへようこそ!!2」を少しずつ進めています。「アザーライフ・アザードリームス」も進めています。どっちも大変面白いのですが、そのせいか昨日はテンションが高まってなかなか寝付けませんでした。眠気が高まって記憶がとびそうになると、頭の中に「アザーライフ・アザードリームス」風「Piaキャロットへようこそ」という世にも恐ろしいゲームが展開するのです(笑)。さすがに良く覚えていませんが、うとうとしてはそんな情景を思い浮かべることを繰り返し、結局1時間以上寝付けませんでした。

1997/11/25(火)
 そう言えば、先日行きつけのゲームセンターにセタの「スーパーリアル麻雀P7」が入荷していたので、早速プレイしてみました。100円を入れてから麻雀開始まで動く動く。ゲーム自体は、最初のお姉ちゃん(夏姫)を1枚脱がしただけで終わったんですが、なんか導入で満足しちゃいました(笑)。ちなみに、選んだストーリーは「夏だ!別荘だ!麻雀だ!百合奈のドキドキラブモーション」です。最近リボンとかふりふり系に弱いです(笑)。ちなみに、このゲーム、選んだストーリーのメインの女の子とは最後の対戦になりますので、とりあえずお目当てのキャラだけみたい人はお目当てのキャラがメインじゃないシナリオを選ぶのが吉です。ストーリーによって脱衣パターンとかは違うみたいなんで、気に入ったら全部プレイしないといけないと思いますけど。ああ、セガサターン版は出るのかなあ。

 先日買ってきた「Piaキャロットへようこそ!!2」ですが、放っておくとプレイしないまま忘れ去りそうだったので、とりあえずインストールして起動してみました。オープニングアニメは良く動きますね。思わず絵に見入ってしまって、噂の「Go!Go!ウェイトレス」は全く耳に残ってません(笑)。ちゃんと聞いておかねば。

 明日か明後日くらいには、アクセスカウンタが15000を越えそうです。とか思っていると、なんかしばらく順調だったカウンタが突然壊れやすくなってしまいました。土曜から今日(火曜)にかけて2回も壊れたのです。アクセスログの方は問題なく記録されているのに、なんでカウンタだけ壊れるんでしょうね。いまいち納得が行きませんが……

1997/11/23(日)
 先日買ってきたCDをざっと聞いてみました。
 一番のヒットは11/27発売予定のプレイステーション用ゲーム「クライムクラッカーズ2」の主題歌の「LADY FIRST」です。前作のBGMをすごく気に入っていて、サントラCDとかも持っているのですが、その編曲のままで新しい曲を作ってくれました。カップリングの「銀色の都会」は岩男潤子さんのソロなんですが、こちらは聞いていてとても落ち着けます。ゲームの方も楽しみなんですが、音楽の方も前作同様みたいなんでますます期待大です。

1997/11/22(土)
 給料日前で、財布がとても軽かったのですが、物欲には勝てずになけなしのお金を銀行からおろして「Piaキャロットへようこそ2」を買ってきました。その他にも「もしも私が天使だったら/館林見晴」とか「LADY FIRST/岩男潤子・野上ゆかな・宮村優子」とか「トゥルーラブストーリー ボーカルコレクションVOL.1」とか。給料日前ちゃうかったんか〜っ!という激しい突っ込みも可です(笑)。これでも、GFCのベストアルバムは後回しにしたんですよ。あと、買うつもりだった「まじかるデート ドキドキ告白大作戦」も買ってないし。

 で、先日家に帰ると富士通のteleparcからA4大の封筒が届いてました。なにかなあ、と開けても見ると中にはカプコンのポケットファイターのシークレットファイルが入っていました。シークレットファイルというのは、要するにゲームセンターで配布されるメーカーの広報誌みたいなものです。そう言えば、少し前にこれの懸賞に応募していたのでした。初めて、インターネット懸賞に当選したのです。もらったものは、それなりのもの(失礼)なんですが、なんか嬉しいですね。

1997/11/20(木)
 パイオニアLDCのウェブページで予約した、Noel La neigeのファイリングカレンダーが届きました。予約したのは、予約特典がつかなくなってからだったのですが、送られてきた袋を開けてみると、予約特典のクリアファイルが同梱されていました。カレンダーの形状を質問したりして、先方の気を引くような事(笑)をしていたので、ほんの少しだけ期待していたのですが、見事にそれに応えてくれたようです。カレンダーの方は、やっぱりNoelらしく格好良く作られていて気に入りました。大体は、広告で使われているイラストなんですけどね。

 今日は二つの対照的な出来事がありました。
 一つは、帰りの電車で、中学時代のクラスメートに声をかけられたことです。はっきり言って、私は、中学時代以前は根暗な存在でして、あんまりクラスでの出来事などに思い出がありません。なので、その頃のクラスメートと会ってもほとんど話す事がないんですよね。しかも、今日の場合は相手もあんまり喋らなかったので、非常に居心地が悪かったです。
 もう一つは、私がECCコンピュータ学院で補助講師をしていた頃の生徒から、メールが来ていた事です。こちらは、あの頃は1週間に200人程度の顔を見ていたはずなので、覚えてなくても無理はなかったのですが、たまたまメールしてくれた人は私の一番印象深かったクラスの一番印象深かったグループの中の一人でした。こういう相手だと、いくらでも話す事がありますし、昔話だって出来そうな気がします。
 こうやって、二つの出来事を並べてみると、面白いですよね。私は高校時代のクラブ活動で随分変わったと思っていますので、やはりそのへんが境でしょうか。今思うと、もったいない学生時代の過ごし方だったなあ、と思うのですが、後悔先に立たずって奴ですね。

1997/11/18(火)
 昨日の日記で「井上うにさんと西脇辰弥さんの作風が気に入らない」と書いていますが、気になって國府田マリ子さんの以前のアルバムの作編曲者を調べてみたのです。そうすると、実は西脇辰弥さんは私の大好きな「晴れた日はバスに乗って」の作編曲者だったりしました(苦笑)。でも、次第に作風が変わってきているのは確かなようで、前のアルバムで一番気に入らなかった曲もこの人の手によるものでした。ちなみに、井上うにさんはコナミレーベルに参加するのは今回が初めてのようです。

 「アザーライフ・アザードリームズ」ですが、実はかなり時間がかかるゲームでした。確実に上の階まで上がろうと思うと、電撃PSの記事のように、時間切れぎりぎりまで一つの階でねばって主人公のレベルを上げたほうがいいです。現在は武器も盾もかなり強くなってきたので、15階くらいまでは使い魔を出さずに昇っていけるようになりました。昨日の最高到達階数は25階で、プール再開の為に必要な「水のメダル」を取り返してきました。それにしても、ナオルル草はどこにあるんだろう……
 ところで、昨日からこのゲームをプレイする際にメモを取るようにしました。週末くらいにまとめて特設コーナーでも作ろうかと思っています。まだまだ情報が少ないので、自分なりのテクニックやデータをお持ちの方はぜひ教えてください。

1997/11/17(月)
 先日友人から借りてきた國府田マリ子さんのニューアルバム「なんでだってば!?」を聴きました。何というか……緩急豊かというか唐突というか。曲を盛り上げる為に使うアレンジの手法に、ベースやドラムなどのリズムパートをミュートして少し歌詞を聞かせたあとに、ミュートしていたパートを復帰させるというのがありますが、これを多用しすぎていて盛り上がりに欠けます。1曲目の「笑顔で愛してる」なんて最たるもので、かなり短いスパンでミュートとミュート解除を繰り返しています。あと「ムサ君〜私が一番好きなひと」ですが、これって意図してこんなひどいノイズを入れているんですかね?私には、ノイズというより音割れにしか聞こえないのですが……全体を通した感想としては、いまいち印象に残る曲がない割に「聞き流せない」アルバムだなあ、と。シンセっぽいノイジィな音は妙に耳障りです。とりあえず、このアルバムにメインで曲を提供/編曲している井上うにさんと西脇辰弥さんの作風が気に入らないです。あと、とぼけた感じの國府田マリ子さんの詩も面白いけど、もうちょっとメッセージを込めた詩があってもいいような気がします。種ともこさんの提供した曲は、詩も曲も結構良いのですが、編曲までは携わっていないですし。なんか、國府田マリ子さんのアルバムって枚数を重ねるごとに「私の好きな部分」が少しずつ減っていっているような気がします。

 先日友人と「トレーディングカード」について話をしました。私はカードを集めるという事に対して「コレクションに足りないものを収集する」という感情を持っているのですが、最近のトレーディングカードを見ていると「○○特製トレーディングカード」だの「通販特典オリジナルトレーディングカード」だの、足りないものを集めるというより「そこに欲しいカードがあるから収集する」という感覚なのですね。私にとってトレーディングカードの元祖といえばウルトラマンの怪獣カードでして、これはでっかいアルバムが最初にあってここに手に入れたカードを張り付けていく事で1冊の怪獣事典が出来上がる、というものでした。この時はトレーディングカードなんていう言葉はなかったのですが、確かに友達と重複したカードを「トレード」してコレクションを増やしていました。今のトレーディングカードって、なにが「トレーディング」なんでしょうかね。

1997/11/16(日)
 アザアザの進捗状況です。建物は、寺院の建て増し、病院の建て増し、家の建て増し、魔物小屋の2段階建て増し、噴水の改築、図書館の新設、演芸場の新設を行ないました。4桁のお金で出来る事は終わったので、現在は自宅の更なる拡張に向けてお金を貯めています。キューンのレベルは22で、自分の基本装備は金の剣+5とダイヤの盾+6です。水の水晶も3個ばかりストックがあるので、運が悪くなければ結構上まで昇れると思うのですが、現在最高到達階数は18階です。ああ、ナオルル草はいずこに……ギャルゲー路線としては、ニコ、セルフィ、パティ、ファーの4人がセーブデータに表示されるようになりました。チェリルはナオルル草さえ手に入ればOKだと思うのですが。あと、ぐるぐる眼鏡で玉川紗己子が声をあてているココア、じゃなくってミアも結構進展?していると思います。マニュアルに載っている「ビビアン・メルカ」というキャラは会った事すらありません。
 ところで、塔での冒険中に「中断」があるからプレイが長引いても大丈夫、とか思っていたのですが、実はそう簡単には行かないようです。マニュアルとよく読むと、どうやら塔の中で「中断」すると塔に入る前のデータがセーブされるようなのです。それでは全然中断になってない、と思うのですが、なんか開発現場でのやり取りが想像できて納得してしまいました(笑)。

メインメニュー
hugie@733x.com