1998/6/25(木)
z980625.jpg  久々の物欲爆弾爆発です。
・PC/再会〜卒業旅行'98
・PS/ダブルキャスト
・PS/ヒロインドリーム2
・PS/プチカラット
・SCD/カードキャプターさくら・キャラクターシングル「TOMOYO」
・SCD/カードキャプターさくら・キャラクターシングル「YUKITO」
・SCD/カードキャプターさくら・キャラクターシングル「SYAORAN」
・CD/海のYeah!!/サザンオールスターズ
・コミック/ワッハマン・10巻
・コミック/GS美神極楽大作戦・31巻
・コミック/ゆめくいダンジョン

 明日はPCの下級生を買う予定です。ただ、今日帰りに立ち寄ったソフマップザウルスの貼り紙によると、数が少ないみたいなんで買えない確率が高そうです。まあ、急いで買う事もないんですが、私の場合発売日に買っておかないとそのまま買わずに済ましちゃう事が多いので……

 唐突に話は変わりますが、先日無事に日帰り北海道出張を終えました。いや〜、飛行機って速いですね。自宅から関西国際空港、新千歳空港から札幌までの電車、バスを使った道のりと、関西国際空港から新千歳空港までの飛行機を使った道のりがほぼ同時間なんですもん。
 で、北海道ですが、やっぱり空気が違います。気温自体が大阪とは随分違っているもの影響していると思いますが、札幌のようにビルが立ち並んでいる所でも、埃っぽさを感じなかったですね。また、街並みが非常にポップでミニチュアのようです。家と家の間に隙間が多く取られていて、しかも同じ通りに並んでいる家達がみんな違うデザインなんですよね。同じデザインの家がひしめき合っている大阪の住宅街とはイメージが違います。
 こんな事ばかり書いていると、「じゃあお前大阪嫌いなんか?」とか言われそうですが、好きです(笑)。北海道は、たまに遊びに行くには楽しいそうですが、やっぱりJRの券売機に千円札を入れても、一つも行き先ランプが点灯しない様な所には私は棲めません(笑)。
 関係ないですが、全日空の社内販売ってリカちゃん人形まで売ってるんですね。しかも、全日空のスチュワーデス制服を着た限定バージョンを。限定と言えば、北海道限定キティちゃんマスコットがお土産売り場に会ったのも驚きました。なにが違うのか、というとキティちゃんのリボンが紫(ブルーベリーのイメージでしょうか)になっているだけなんですが。北海道限定ピカチュウはないみたいで、ちょっと残念でした。
 あと、センチメンタルグラフティのおかげで名前だけ知っていた「パセオ」にも寄ってみました。残念ながら沢渡ほのかには会えませんでしたが(笑)。切なさ炸裂して市街に居たのかもしれませんね(笑)。

1998/6/22(月)
 先週末は、今月のPCゲームのラッシュに資金難に陥ってしまい「きわめて!スキャンダル!?」のみの購入となりました。ホントは、「恋のフローティングマイン」を買おうかと思っていたのですが、こっちは放っておいてもどこかで感想が聞けますが、「きわめて〜」の方はそうはいかなそうだったので。

 先週は、突然北海道に出張が決まったり、会社でAT互換機を組み立てたり。まあ、AT互換機はさておいて、北海道出張ですよ。私は、生まれてこの方東京から東には行った事がない上に、利用交通機関が(当り前ですが)飛行機です。飛行機には乗った事はありますが、それも随分昔のことですし、親の引率のもとでの経験なので、完全に忘却の彼方です。ついでに使う空港が、行った事すらない関空だし。しかも、よりによって日程が明後日の24日なんです。なんでこんな不安な出張に、すっからかんの財布のまま突撃せねばならんのか。うう、めちゃくちゃ不安です。ところで、飛行機のなかって電磁波の関係でいろいろな電子機器の使用が禁じられているみたいですが、ポータブルCDプレイヤーとかは使っていいんですかね。

 うちのPC(GATEWAY G6-300)は、なぜか「Piaキャロット2へようこそ!!」のオープニングが見れないのです。そのことについて、F&Cのサポートの方にだいぶ迷惑をかけてしまったのですが、結局先方では再現を確認できなかったと言う事で、うやむやになってしまいました。私も、旧マシン(PC-9821Xa12/K8)でオープニングを見ていたし、その時にはすでに全キャラクリアしていたので、そのまま放置していたのです。
 ところが、先週末なんとなくmp3データを作ろうかと、松浦有希さんの「Stella Bambina」をドライブにセットし、Easy-CD Proでデータ吸い出しを始めた所、最終トラック「Just Only You Know」の途中で何回やってもエラーが出てしまうのです。おかしいな、と思いWindows標準添付のCDプレイヤーで、このCDを聞いた所、やはり最終トラックで音が飛びまくってしまいます。もちろん、CDに傷は付いていません。そこで、数枚の音楽CDを聞いてみた所、同様に音飛びするCDが幾つかありました。それらを比較してみると、どうやら収録分数が長いものが音飛びしているようです。それらをいろいろ調べているうちにわかったのですが「70分を越えた辺りから始まるトラックは認識すらしない」事を発見しました。例のソフトもオープニングは音楽がCD-DAで再生されるのですが、総データ容量が650MBぎりぎりだったのです。
 要するに、CDの最後の方のデータを正常に読み出せないんですが、それ以前の部分の読み出しは全く問題がないのです。うーん、なんでこんな変なトラブルがあるんだろう……ちなみに、それらの不都合の起こるディスクは旧マシンのCDドライブでは当然正常に扱えます。

 先週発売のファミ通に、トゥルーラブストーリー2のキャラクタが公開されました。最初にトゥルーラブストーリーの絵柄を見た時は「やぼったい」とか思ったのですが、慣れって凄いです。新キャラはみんな「可愛い」とか思ってしまいました(笑)。ところで、ここに公開されている4人ですが、みんなツボにはまっているのは気のせいでしょうか。ポニーテール、ぬいぐるみ、袴、黒髪ストレート、どれも心にズビシと響くキーワードです(笑)。とにかく、本編が楽しみですね。

 最近ゲームセンターでは、私はエスブレイドくらいしかプレイしていないのですが、友人がヴァーチャロン・オラトリオタングラムにはまっているせいか、よくこれをギャラリーしています。で、最近公開された隠し技で「戦闘中のエンジェランに天使の羽を付ける」と言うものを見せてもらいました。羽もの(パチンコにあらず)に弱い自分としては、あまりの格好よさにゾクゾク来てしまいました。
 で、その話は実は本題ではないのです。オラタンの筐体の横には、ファイティングバイパーズ2が置いてあるのですが、最新のゲームだというのにほとんど人が付いていないのです。私自身見ていて、コレと言った魅力を感じませんし、VF1〜2で一世を風靡したAM2研もここまでですかね。思うに、VF1は圧倒的な技術革新でユーザーの度肝を抜いてくれました。VF2は、それを前提に映像表現と動き(60フレーム動作)が凄いインパクトを与えてくれました。そしてVF3ですが、これは主に映像だけの進化で「ユーザーの予想できる範囲の進化」しかしませんでした。これって、セガサターンからドリームキャストの進化にも似ていますよね。あまりにも優等生な正常進化を遂げたドリームキャスト、果たしてヒットできるのでしょうか。

 さてさて、やっぱり進行の遅いスーパーロボット大戦F完結編の進捗状況です。
 10段階改造が出来るようになったあと、DCルートに進んでいまして、現在「光、断つ剣」が終わった所です。私は、バグがあると知っていながら、夢バグを活用しながらプレイしていたのですが、とうとう弊害が出てしまいました。マジンカイザーが消滅してしまったのです。「光、断つ剣」の前のインターミッションで、私は「分散ルート」で進める為に沢山のキャラを乗せかえたり強化パーツを付け替えたりしていたのですが、気がつくと強化パーツのリストの中にマジンカイザーがいないのです。乗り換えを選んでみると、甲児の登場ユニットが「マジンカイザー」になっていたので、試しにグレートマジンガーに乗せて、もう一度乗り換えを選択するとマジンカイザーは完全に消滅してしまいました。別にマジンガーチームにはそれ程思い入れはありませんし、彼らは補給&回復役として活躍の場はいくらでもありますから、それほど気にならないのですが、さすがに1度も使っていないマジンカイザーに投入した改造費はもったいないですね。
 もう一つ、私はソフトバンクの攻略本を見ながらプレイを進めているのですが、これには「光、断つ剣」の分散ルートB地点のマップでは、カミーユと万丈が強制出撃で、カミーユは強制乗り換えなし、となっているのですが、騙されました。私は攻略本の記述を信用して、カミーユをビギナ・ギナに乗せて、エルをΖガンダムに乗せて出撃させる準備をしました。B地点の戦闘が始まって出撃ユニットの選択画面になって、リストからエルの名前を探しますが、いくら探しても見つかりません。嫌な予感がして、適当なユニットを選択してマップを始めると、そこには出撃していないはずのΖガンダムの姿が。おかげで、「光、断つ剣」3マップの中でここでの戦闘が一番苦労しました。

 ……なんか、めちゃくちゃ沢山書いてますね。これだけ書くことがあるのなら毎日日記を書けばいいのにね(苦笑)。

1998/6/14(日)
 先週末は、PSの「ポケットファイター」とPCの「キミにSteady」、「え〜んじぇる!!」を買ってきました。
 ポケットファイターには、PSオリジナル要素として「つくってふぁいたー」モードが付いています。これがなかなかこのゲームの本質を付いた内容になっています。アーケードで遊んでいた時から思っていたのですが、このゲームは自分でプレイしているとせっかくのキャラのアニメーションがしっかり見れなくて、他人のプレイを後ろから見ていた方が楽しいのです。「つくってふぁいたー」モードというのは、簡単な設問を答える事によって、性格づけられた思考ルーチンを持ったキャラクタを作成して、それをCOMと闘わせる事によって、アイテムを集め、より自キャラを強くするのが目的です。当然、COMとの対戦は見ているだけなのですが、このゲームの場合それでも充分楽しいのですね。なかなか目の付けどころがよいと思います。
 キミにSteadyは、少し遊んでみましたが、この手のゲームにありがちな主人公とプレイヤーの考えが一致しないというパターンに早くも陥ってしまいました。ちょっと動作が重たいのと、たまに画面がちらつくのも減点要素ですね。
 え〜んじぇる!!の方は、密かにあんまり期待していなかったのです。ただ、「カードキャプターさくら」のパロディだ、というだけで買ってきたのですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。絵、塗りともに安定しているし、キャラが少ない分解りやすい設定になっているし、お話も冗長でなく、かといってつまらない訳でなく、声優さん達も脇役の男までちゃんとした人が演じていて好感が持てました。意外だったのが、かなりの回数のプレイを要求する事です。それも、エンディングだけ最後の選択肢で分岐する、なんて言うパターンではないのです。一つ残念なのは、5話完結のアニメ風の構成になっているのですが、お話の途中でセーブできない事です。総プレイ時間は4時間弱程度なので、辛いというほどではなかったのですが。

 進行がやたら遅い、スーパーロボット大戦F完結編の進捗状況です。
 「悲しみのカトル」が終わって、とうとう10段階改造が出来るようになりました。このシナリオが終わった時点で、172万ほど資金が貯まっていたのですが、大改造計画を実行したおかげで残り2万ほどになってしまいました。シャアザク、νガンダム、量産型νガンダム、F91、フルアーマー百式改、エルガイムmk2、ビルバインの運動性を最大まで改造して、そのうちの一部のユニットの限界やエネルギーを最大改造しました。でもって、グルンガストは全パラメタ最大まで改造して、ボーナスを運動性につっこみました。これでグルンガストも運動性が180になったので、避けて当てる戦いが出来ます。ところで、シャアザクの現状ですが、ファティマ×2+アポジモーター×2で、運動性が270になってます。これで、最終面まで全てのザコの攻撃は絶対当らないユニットになったのではないかと思います。
 さておき、今まで「ガンバスター基金」と思って貯めて来た資金を一気に使ってしまったので、これからまたしばらく貯金にはげまないといけないですね。

1998/6/6(土)
 先週末の仕事で、めちゃくちゃお馬鹿をやってしまいました。現在の私のお仕事はN64のゲームの下請けなんですが、これの本体部分のプログラムが先方から送られてきまして、入れ替えてフルMAKEしなおしたのです。が、MAKEはちゃんと終了するのですが、全く動作しないのです。四苦八苦して、結局解決するまでに二日かかったのですが、原因は何だったと思います?なんと、

N64とTVモニタの接続が外れていたのです

 要するにちゃんと動作していたのに、画面に出力されていなかっただけなんですね。これに気付いた時、思わず私は会社の入っているビルの屋上からバンジージャンプしてそのまま窓掃除したくなりましたよ。やりませんでしたが。言い訳がましいですが、私の注意力不足以外にも要因があるんです。以前に2回ほど本体部分を入れ替えた事があったのですが、毎回上手く動作しなくなった事、もう一つはN64とTVモニタの接続を外した人が元に戻さなかった事の二つです。しかし……とにかく脱力する結末でした。

 最近、デジカメを利用してませんが、物欲は衰えてませんので買い物はじゃんじゃんしてます。今週末は、COWBOY BEBOPミニアルバム「Vitaminless」とカードキャプターさくらのSCD3枚セット、みつめてナイト「ヴォーカライズ」を買いました。
 カードキャプターさくらのSCDは、1曲+ミニドラマという構成なのですが、それぞれに収録されているドラマが「さくらの宿題」というテーマになっていて結構楽しいです。歌の方は、それ程インパクトはないんですが、嫌うほどでもないです。
 みつめてナイトのCDは、新曲6曲とゲームの主題歌、挿入歌が収録されています。各曲毎に歌い手が違うのか、と思っていたのですが、小西寛子3曲、岩男潤子2曲、今井由香2曲、國府田マリ子1曲となっています。このゲームに登場するキャラクタってかなり多いのに、なんでこんなに偏っているんでしょうか。もしかして「ヴォーカライズ2」とかを出すんでしょうか。でも、そう考えると最後の方は凄い内容になるような気が……さておき、中身は小西真理さんと村井聖夜さんの曲が多いので結構良い感じです。ただ、ゲームのでかいネタバレをやってくれてるのがなんだかな、と思いました。アンをクリアするつもりでネタバレが嫌いな人は、トラック5「アンの告白」は聞いちゃダメです。私はアンはクリアしてませんが、ネタバレを読んで知っていたのそれほど気になりませんでしたが。

 さて、スーパーロボット大戦F完結編の進捗状況です。
 とうとう、「出撃、ガンバスター」までたどり着きました。めちゃくちゃ燃えます。まだこの面を始めたばかりなんですが、ガンバスター出撃のムービーだけで胸がいっぱいになってしまいました。やっぱり、あのテーマ曲が流れるとそれだけで鳥肌モノです。
 話は変わって、少し前のシナリオですが「無限力イデ伝説」でトップシークレットクラスの隠しユニット「シャア専用ザクII」を入手しました。で、次の面でクワトロを乗せて出撃させてみたのですが、めちゃくちゃ使えます。ファティマ2個にアポジモーター2個装備で、運動性が215、限界が520、移動力は18です。運動性と限界は5段階改造済みです。これにレベル51のクワトロが乗っていると、オージェに乗ったネイの攻撃他、「灯火は炎となりて」の面全ての敵の攻撃命中率が0%でした。まあ、攻撃力は5段階改造してもザクバズーカの1750が最高なので、攻撃力としては論外ですがおとりとしては最適です。せっかく見つけてきてくれたバーニィには悪いですが、しばらく最前線で使用したいと思います。

1998/6/2(火)
 梅雨入りしたそうですね。5月も結構雨が降っていたのに、これからが梅雨本番なんて、気が滅入ってしまいます。

 PCの周辺機器で、パラレルポートに接続するリアルタイムMPEG1エンコーダが立て続けに3種類発表されました。I/Oデータと、UEPシステム、富士フィルムアクシアの3社ですが、どれも似たような価格なんですよね。どっかが安いMPEG1のエンコーダチップを作ったんでしょうか。最近はビデオキャプチャをたくさんやっているので、購入欲が高まってます。ただ、気に入ったスペックのアクシアの製品はちょっと高いんですよね。

 よそのウェブ掲示板をうろうろしていて、こんな話題を見かけました。某メーカーのゲームのデータ改造ツールを公開していたら、メーカーから「当社ではリバースエンジニアリングは禁じております」というような内容のメールが届いたそうです。ここで私は疑問に思いました。リバースエンジニアリングというのは、「製品を解析/逆アセンブルなどして、それを元に同様の製品を作り上げること」だと思うのですが。セーブデータを解析して、それを操作するプログラムを作る事がリバースエンジニアリングにあたるんでしょうか。

 バーチャコール3が、攻略できないサクラキャラを省いて、2の時の人気キャラを追加してセガサターンに移植されるようですね。2からの登場になるのは、現在公開されている雑誌記事によると「藤島綾香」「瀬能小夜子」「神楽坂ちさと」の3人です。綾香はともかく、小夜子とちさとは好きなキャラだったので、今回の移植は楽しみです。これらのキャラに音声が付くのは始めて……あ、OVAがありましたっけ。でも、KIDの移植なんでF&Cのお馴染みのメンバーによる配役になってるんでしょうね。

メインメニュー
hugie@733x.com